« ちょっとした不思議 | トップページ | 中国は戦争をする、そのとき日本はどうする »

2011年7月18日 (月)

脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった

脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった

現代ビジネス:枝野官房長官は菅降ろしを決断するか 首相の期待ほど「脱原発」では支持されていない朝日新聞世論調査の非公開データ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/12443?page=2

もうひとつ重要な世論調査結果を紹介したい。それは、「脱原発」の賛否を聞いたうえで菅内閣を支持するか、支持しないかを尋ねた質問の回答である。脱原発に賛成と答えた人の支持率は15%、不支持率が68%で、反対と答えた人の支持率は19%、不支持率が67%である。首相が期待する「脱原発」気分の国民への浸透とは殆んど関係なく、全体の支持率15%、不支持率66%とほぼ同じ結果が出ているのだ。

13日の脱原発の記者会見の前の調査ですが、ちょっと不思議に思ったのは、菅内閣への支持率は、脱原発に賛成の方々の方が反対の方よりも低いこと。消極的推進派の自分としては、浜岡原発を止めたり玄海原発の再稼働を止めたりした菅首相は脱原発派の方々に受けが良いはずだと思っていましたから、脱原発派は菅内閣への評価が厳しかったのは意外でした。

で、13日の記者会見で菅首相は「脱・原発依存」を表明しました。この記者会見の内容は反原発・脱原発の方々の歓迎する内容でした。しかし、菅首相は、閣僚や与党から反発されると、あっと言うまに「個人的な考え」と発言を後退させました。

菅首相が本気で脱原発する気なら、反対する閣僚は内閣を去れと言っても良かった。つまり、彼の脱原発は本気じゃない。

脱原発の方々の菅首相への評価は正しかったと言えるでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ちょっとした不思議 | トップページ | 中国は戦争をする、そのとき日本はどうする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52238432

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった:

« ちょっとした不思議 | トップページ | 中国は戦争をする、そのとき日本はどうする »