« ワーテルローの勝利はイートン校の校庭において獲得された | トップページ | ドイツは脱原発しても経済好調、その理由は? »

2011年7月20日 (水)

植民地支配をしてれば反乱もあるさ

植民地支配をしてれば反乱もあるさ

レコードチャイナ:<新疆ウイグル派出所襲撃>暴徒は分裂の旗を掲げていた、西側の報道はデタラメ—中国紙
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52892&type=1

ところが、AP通信など西側メディアが中国からの独立を目指す「世界ウイグル代表大会」の話として、当日は100人を超える地元のウイグル族が早朝から「違法に土地が奪われている」として抗議デモを計画したが、これを阻止しようとした警察当局と衝突、その後、警察当局がデモ参加者に向け発砲し、13人を拘束、1人に重傷を負わせたことが事件のきっかけだと報じた。

これに対し、同自治区新聞(報道)弁公室の侯漢敏(ホウ・ハンミン)主任は「全くのデタラメ」と否定。暴徒たちが分裂主義の旗を掲げ、放火や人質を殺害したことが、事件の性質を如実に物語っていると反論した。また、記事は2年前のウイグル騒乱の際も西側の一部メディアが「世界ウイグル代表大会」のでたらめな理屈を公然と広めたが、今回はさらに悪質さを増していると指摘した。

中国で主権を持った国民と言えるのは中国共産党党員だけです。国民が国家の主権者と言うとき、その国民の意志を政治に反映させる公式ルート(民主国家であるなら選挙)が無ければなりません。中国共産党員なら(現実にどこまで出来るかは別にして)政治に自分の意志を反映させるルートを持っています。

逆に言うと、中国共産党員以外の中国人民は、民主国家の「国民」とは別種の存在です。

  *        *        *

警察当局を襲ったウイグル族の方々が中国共産党党員なら別ですが(おそらく違うでしょう)、彼等は自分の意志を国家の政治に反映させる方法を持たない人々、主権を持った国民とは言えない人々です。

主権を持っていない人々、しかも文化的に異なる人々に政治を牛耳られている。植民地支配を受けている人々と言って良いと思います。

植民地支配を続けていれば反乱や独立運動のひとつやふたつはあるものです。ウイグルで「暴動」が絶えないことを不思議だとは思いません。

  *        *        *

「暴徒たちが分裂主義の旗を掲げ」

「分裂」と言うより、植民地支配を受けている人々が「民族自決の独立運動」を行っている、と言うべきでしょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2011/07/21 06:10 訂正
 訂正前:民が国家の主権者と言うとき、
 訂正後:国民が国家の主権者と言うとき、

|

« ワーテルローの勝利はイートン校の校庭において獲得された | トップページ | ドイツは脱原発しても経済好調、その理由は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52263272

この記事へのトラックバック一覧です: 植民地支配をしてれば反乱もあるさ:

« ワーテルローの勝利はイートン校の校庭において獲得された | トップページ | ドイツは脱原発しても経済好調、その理由は? »