« 内向きにどうぞ | トップページ | 事故は避けられない »

2011年7月 2日 (土)

危険思想

危険思想

欧州放射線リスク委員会についてググっていたら以下の文書に行き当たりました。私には、科学的論文を読みこなす能力は無いのですが無理して読んでいたら以下のような部分に突き当たりました。

ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告 表紙から緒言/第1章〜第5章
http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_chap1_5.pdf

そして、科学的合意をゆがめるもう一つのやり方がある。意見を異にする結果を学術誌に載せようとする研究者は彼らの研究資金を失い、そしてしばしば彼らの職を失う(Viel,1998 参照)。したがって政治家や意志決定者は(グレー論文と呼ばれる)ピア・レビュー審査システム内で公表されていない却下された研究にこそ注意を払うべきである。これこそが、EU が出資した PINCHE 報告書の結論に記されている、その科学政策集団の結論(厳密に言えばそれらの理由)である(Van den Hazel et al. 2005)

これは危険思想ですよ。

「ピア・レビュー審査システム内で公表されていない却下された研究にこそ注意を払うべき」

うーん、レビューを経ているということは、レベルの差はあっても、執筆者以外のチェックを得ているということ。

   *        *        *

マンガや小説に例えると「却下された研究」というのは、応募したけど佳作とかにならなかったもの、出版社に持ち込んだけど採用されなかったものと言うこと。

商業誌に掲載されなかったマンガや小説に見るべき作品が無いとはいいませんけど、レベルの差ってやつはあるでしょう。

   *        *        *

実際、政治や金で「科学的合意をゆがめる」ってことが無いとは言いません、私には無いとは言えません。しかし「ピア・レビュー審査システム内で公表されていない却下された研究にこそ注意を払うべき」と言っちゃうとトンデモな説に引っ張られてしまうって事が起こりやすくなるんじゃないか。

1歩間違うと、自分達が否定されているのは間違っているからではなく真実を話しているからだと思い込んでしまいます。陰謀論にハマりやすい危険な考え方です。

先入観を持たないように努力することや、多様な情報に接することを心がけるべきであるとは思いますがね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

2011/07/02 22:03 ちょっよとしたニュアンスの修正
 修正前:思いますが。
 修正後:思いますがね。

|

« 内向きにどうぞ | トップページ | 事故は避けられない »

コメント

3日午前6時35分ごろ、尖閣諸島・魚釣島の北西約31キロの接続水域(領土周辺約22~44キロ)
内で、中国の漁業監視船「漁政201」が航行しているのを、海上保安庁の航空機が確認した。

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、巡視船と航空機が領海に入らないよう警告したと
ころ、監視船は無線で「魚釣島周辺海域は中国の管轄海域であり、正当な業務を行っている」
と主張。接続水域内を約4時間航行した後、久場島の北から同水域外に出て、中国方面に向か
った。領海に入ろうとする様子はなかった。

中国の漁業監視船が尖閣諸島周辺の接続水域に入るのは今年に入り5回目。東日本大震災後で
は初めて。

一方、沖縄県石垣市の八重山漁協と政治団体が2日、尖閣諸島周辺で3日から集団操業する計画
を公表。同日早朝に石垣港を出港した。出航前に海保が1隻に立ち入りをしたという。監視船
の接近はこの動きと関連している可能性もある。


http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2E1E2E2EA8DE2E1E2E5E0E2E3E39191E3E2E2E2;at=ALL

小泉政権時代に、尖閣諸島に上陸しても逮捕されない判例を作ってしまったのだから・・

投稿: 至急 | 2011年7月 4日 (月) 18時41分

全羅南道咸平郡で栽培されたカボチャ600トンが日本に輸出される。

 同郡によると、カボチャ愛営農組合法人は先日、2008年に続き日本企業2社とカボチャ約600トンを輸出する契約を
結んだ。金額ベースでは9億ウォン(約6600万円)に達する。先月は第1次分として93トン(1億4000万ウォン)を出荷
した。

 組合法人代表は、「徹底した選別と持続的な農家技術教育を土台に、高品質のカボチャを日本に輸出してブランド
価値を高める」と意気込みを語った。


http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2011/08/05/0400000000AJP20110805002000882.HTML

このことは素直に韓国に感謝できますね。
関東以北のセシウム米や核牛その他諸々の放射能に汚染された農産物から日本人を守ってくれるのですからね。

投稿: SHIN | 2011年8月 7日 (日) 19時22分

SHIN さん、こんにちは

日本の食べ物も十分に安全ですよ。

気にしてストレスになったり栄養が偏ったりする方がよっぽど体に悪いくらいと思っています。

投稿: 乱読雑記 | 2011年8月 8日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52102360

この記事へのトラックバック一覧です: 危険思想:

« 内向きにどうぞ | トップページ | 事故は避けられない »