« 民主党復活の方法 | トップページ | 菅直人のペテン、ふたたび »

2011年7月11日 (月)

原発について現実的な対応を

原発について現実的な対応を

47NEW:原発耐性テスト、欧州より短期に 岡田幹事長
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011071001000539.html

民主党の岡田幹事長は10日、原発再稼働をめぐって政府が実施を表明したストレステスト(耐性評価)に関し「欧州連合並みの長期間のテストでは産業面、国民生活の面で影響が及ぶ。日本版のテストをどのように作るかだ」と述べ、評価期間の短縮を検討すべきだとの認識を示した。岩手県大船渡市で記者団の質問に答えた。

岡田氏はストレステストを再稼働の前提とすることに否定的な考えを示していたが「ここまで来ると今の基準では国民の理解は得られない。ストレステストをクリアして再稼働させるという道をとるしかない」と述べ、テストを再稼働の条件とする政府方針を容認する姿勢に転じた。

動かしながら検査って出来ないのか。

現在の自動車だって、有毒な排気ガスを出すし安全だって完璧じゃない。実際それで公害が起きたり人が死んだりしている。けど、昔の自動車はもっと有害な排気ガスを出したし、もっと危険だった。それを、いきなりゼロとか今の基準にしろとかにはならなかった。だんだん厳しくしなって今の基準になった。将来はもっと厳しくなるだろう。

原発で同じ事が何故出来ない。

現在の電力不足で起きること。熱中症や経済不況。それを考えると「とりあえずの基準で動かす」、「来年はもっと厳しくなる」、「再来年はもっともっと厳しくなる」って事が何故出来ない。

基準を決めること、これも人間の行いだから完璧はない(だから不断の見直しが必要だ)し、緩くすることの利益もある(それで助かる命もある)。

  *       *        *

人間のやることを完璧でないと非難したら、全てを否定することになってしまう。そんな世界に人間は住めない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主党復活の方法 | トップページ | 菅直人のペテン、ふたたび »

コメント

さてコアな事を書くか!

私のコンピューターが以下の問題を打ち出した

『福島原発は今も海に放射能を含んだ水を垂れ流ししているだろう。放射能は蓄積する。たれ流すときは直ぐに害は無くとも害は蓄積する。
またあそこは親潮?(あれっ黒潮?)
つまり太平洋に散らばるな!
福島の土壌汚染も問題だが、更に問題なのは世界の海を汚している事かも知れない。
何年後に障害が実証されると確実に国際社会から叩かれよう。賠償金で日本はソビエトと同じになるかも知れない。(ソビエトはその前に潰れたが)
国の問題ではない。
海の問題。プランクトンの問題。小魚の問題。魚の問題。シャチの問題。イルカの問題。鯨の問題。人間の問題。』

今夜の言いたい事はこれだけ。

放射能汚染地帯と化した福島で生活している瀬戸弘幸が福島以外の原発の再開を言い始めているのだから、世も末である。

投稿: SHIN | 2011年7月11日 (月) 21時11分

SHIN さん、こんにちは

ソ連の後継国家はロシアですが、ソ連やロシアが賠償金を支払ったという記憶は無いのですが、私が知らないだけでしょうか?

ソ連は崩壊しましたが、ロシアはソ連が結んだ条約や立場(国連の常任理事国など)を引き継いでいます。これは、権利と義務を引き継いだと言うことです。チェルノブイリでソ連に賠償責任があるなら、ロシアが引き継いだハズですが。

また、現在の漏洩レベルなら自然界に大きな影響はありません。チェルノブイリの豊かな自然がそれを証明しています。

投稿: 乱読雑記 | 2011年7月11日 (月) 21時58分

thunder
現実的な対応は必要ですね。いつも思うのですがなぜ事故はおきたのだろう,これには二つ理由があると思います。地震とか津波とか電源喪失の先にある理由です。一つは古い原発なので本体もボロかったし,その他周辺プラントが役に全くたたなかったと言うことです。もう一個,多分これは問題なのですが,4個も隣接して同じところにあったと言うことで,事故対応に人員とボロながら存在したプラント関連の資源を分散するはめになった。これは問題で,例えば玄海なら,直ちに1号を停止,3号運転ということと,全原発がフル運転しない(持ち駒の半分強にとどめる)計画が必要なのでは無いのでしょうか。

投稿: NY | 2011年7月12日 (火) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52171594

この記事へのトラックバック一覧です: 原発について現実的な対応を:

« 民主党復活の方法 | トップページ | 菅直人のペテン、ふたたび »