« 脱・原発依存、脱原発・依存 | トップページ | もうたくさん »

2011年7月14日 (木)

私も知りたい

私も知りたい

テレビ朝日:【原発】「脱原発宣言」に佐賀県知事は困惑
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210714001.html

佐賀県・古川康知事:「(原発の)再起動もさせていきながら長期的に減らしていこうという考えなのか、短期的にもできるだけ再起動させたくないという考えなのか、(菅総理の)話を聞いた限りではよく分からなかった」

私も一番知りたいのが、そこ。そこんとこの方針を話してくれなきゃ、お題目に終わってしまうし、現場が(自治体や企業の担当者が)判断に苦しんでいる状況は変わらない。

電力供給への不安を解消できるのか、それとも、来年再来年も同じ様な電力不足が起きるのか。それによって行う対策は変わってくるのですから。

場当たり的な(あるいは、先の見えない)対策は続けたくありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 脱・原発依存、脱原発・依存 | トップページ | もうたくさん »

コメント

 福島県浅川町の農家が肉牛に与えていた餌のわらから、国の目安を
大幅に超える放射性セシウムが検出されたことが分かりました。
この農家からはことし4月から今月にかけて東京や横浜、千葉、仙台の
食肉処理場に42頭が出荷されており、福島県は問題のわらがどのように
与えられていたか詳しく調べています。

 福島県によりますと、この農家は福島県浅川町の農家で県が立ち入り
検査を行ったところ、最大で1キロ当たり9万7000ベクレルの
放射性セシウムが検出されたということです。

 県によりますと、これは水分を含んだ状態に換算すると国の目安のおよそ
73倍にあたるということです。わらは福島第一原発からおよそ80キロ
離れた白河市の水田で刈り取られたもので、避難の対象地域にはなって
いませんでした。

 わらが与えられていた肉牛は、ことし4月8日から今月6日までに42頭が
出荷され、出荷先は東京、横浜、千葉、それに仙台だったということです。

 福島県は問題のわらがどのように与えられていたか詳しく調べるとともに、
この農家に対して肉牛の出荷や移動の自粛を要請しました。また関係する
自治体に情報を提供し、流通経路を確認するよう依頼するとともに牛肉を
回収するよう指示しました。

 一方、東京都によりますと、福島県浅川町の肉牛農家から出荷された42頭のうち、
東京の食肉処理場には13頭が搬入されているということです。また時期は、
6月16日までの間に4回に分けて搬入されたということです。東京都は、
卸売業者に問い合わせるなどして、この肉の販売先や流通ルートの追跡調査を
することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110714/t10014217361000.html

投稿: 保守革命 | 2011年7月16日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52203077

この記事へのトラックバック一覧です: 私も知りたい:

« 脱・原発依存、脱原発・依存 | トップページ | もうたくさん »