« 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった | トップページ | 安全をもたらす者達 »

2011年7月18日 (月)

中国は戦争をする、そのとき日本はどうする

中国は戦争をする、そのとき日本はどうする

中日新聞 社説:拡大する「核心利益」 中国外交を懸念する
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2011071802000017.html

〇八年十二月、尖閣周辺の日本領海に、中国の海上保安庁に当たる国家海洋局東海海監総隊の巡視船二隻が進入し、九時間も徘徊(はいかい)して尖閣への主権を主張する事件が起きた。

中国の外交関係者によると、その後の内部会議で航行を指揮した司令官が尖閣周辺進入を独断で決意し、進入時は無線を切り本部の帰還命令をさえぎったと得意げに報告したという。南シナ海でも今年五月、中国艦船がベトナムの資源探査船のケーブルを切断する事件が相次いだ。ベトナム政府は中国指導部による指示ではなく、海洋当局による「功名争い」が原因と判断していると報じられた。

もし、この記事に書いてある事が本当であれば、近い将来中国は近隣諸国と武力衝突を起こすでしょう。巧妙争いは激化するものです。日本もベトナムもフィリピンもやられっぱなしって訳は行きません。いつか限度を越えて武力衝突が起きるでしょう。

問題は日本以外の国と武力衝突した場合です。日本はどのような態度をとるべきでしょうか。

憲法九条を墨守して中立する?
しかし、世の中には完全な中立というものはありません。

もし日本が中立を保つことで(日本に出来る援助があるのに、援助をしないことで)、ベトナムやフィリピンが負けることになるなら、日本は中国の味方をしたことになります。

  *        *        *

私は(武力衝突が起きていない、現時点に於いては)中国の味方をしたらいけないとは言いません。しかし、中国に対立する国に味方したらいけないとも言いません。

しかし、武力衝突が起きる前から中国が武力衝突を起こす事について考えておかねばならないと言えます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった | トップページ | 安全をもたらす者達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52239104

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は戦争をする、そのとき日本はどうする:

« 脱原発の方々の菅首相への評価は正しかった | トップページ | 安全をもたらす者達 »