« 首都圏は概ね安全と判断 | トップページ | 「それはそれ」が出来れば »

2011年8月11日 (木)

2回の砲撃

2回の砲撃

読売新聞:北朝鮮、夜再び延坪島近海に砲撃…韓国警告射撃
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110810-OYT1T00744.htm

韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮軍は10日午後1時ごろ、黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)近くの海上に向け、3発の砲撃を行った。

このうち1発が、NLL付近に着弾したという。韓国軍は警告のため、午後2時頃、海に向けて3発射撃した。

北朝鮮軍は同日午後8時前にも、NLL付近の海に砲撃を行った。韓国軍は再び警告射撃を行った。

砲撃が1回だけなら事故(操作ミス・誤作動)もあり得るでしょうが、2回の砲撃となれば、意図的なものであるのは確実でしょう。

2つばかり思ったことがあります。

  *        *        *

ひとつめは、「馴れ合い」。

お互いに相手を(本気では)怒らせない場所を砲撃する。対立する国家同士は、互いに罵り合う。でも長期に渡って対立を続けると、どこかで馴れ合ってしまって、罵り合いながらも(人間が死んだりしないという意味で)平和な関係を築くことがあります。

今回の北朝鮮の砲撃は、韓国側の反撃も含めてですが、相手を本気で攻撃したのではなく象徴的な範囲に止まっています。

韓国と北朝鮮の間で対立があると、言葉での応酬だけでなく、決まった海域に砲弾を打ち込むとう事になれば(その範囲で収まれば)良いのですが。

上手に馴れ合っていただければと思います。

  *        *        *

ふたつめ、中華空母が初の試験航海を始めているのに近くで騒ぎを起こして良いのかな。いや、それとも祝砲なのかな。

  *        *        *

北朝鮮と韓国は適度に(死傷者が出ない程度に)砲撃しあって騒ぎを起こして欲しいと思っています。平和ボケした日本には良い刺激になるでしょうから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 首都圏は概ね安全と判断 | トップページ | 「それはそれ」が出来れば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52445736

この記事へのトラックバック一覧です: 2回の砲撃:

« 首都圏は概ね安全と判断 | トップページ | 「それはそれ」が出来れば »