« だめだ | トップページ | 「フクシマ」という言説には構えてしまう »

2011年8月31日 (水)

基本的には韓国の問題なんだけど

基本的には韓国の問題なんだけど

朝日新聞:「元慰安婦らの個人請求権放置は違憲」 韓国憲法裁
http://www.asahi.com/international/update/0830/TKY201108300493.html

韓国の憲法裁判所は30日、戦時中の日本軍元慰安婦らが日本政府に損害賠償を求める個人の請求権問題について、韓国政府が日本と外交交渉しないのは「被害者らの基本的人権を侵害し、憲法違反にあたる」とする初の決定を出した。

1965年の国交回復で結ばれた日韓請求権協定は、請求権問題について「完全かつ最終的に解決された」としている。韓国外交通商省は「決定を踏まえた対応を総合的に検討したい」との談話を発表。今回の決定で、個人請求権問題が日韓関係の新たな課題になる可能性が出てきた。

元慰安婦と韓国人被爆者計約2600人が基本的人権を侵害されたとして憲法判断を求めていた。

日本としては、日韓請求権協定に「完全かつ最終的に解決された」ある以上、再度の交渉をする必要は無い。

つまりは、韓国の問題なんだけど、歴史を振り返ってみると、国と国との力関係が変わったとき、相手が抵抗しそうに(抵抗出来そうにないとき)自分の問題を(自国の内部矛盾を)他国に押し付ける(侵略したり言い掛かりをつけて金を獲ったり)することは、よくあることだ。

日本が毅然とした対応を取らなければ(取れない状況にあったりすると)、韓国は自国内の矛盾を日本の責任に転嫁することで解決しようとするだろう。

具体的には日本から謝罪と賠償を獲得しようとするだろう。

  *        *        *

この問題は韓国の法律に基づいて韓国で行われた裁判なので、韓国の問題なんだけど、日本から謝罪と賠償を獲得しようとするだろうから警戒が必要だ。特に、日本の政治家の一部には韓国や中国に甘い顔をすることが進歩であると思って居る人間がいるので不安でならない。

  *        *        *

国際関係は、結局の所、力関係であることを忘れてはならない。約束破りをしても、強い国は平気な顔をする。ナチスドイツは「これが最後」と言いつつ周辺国への侵略を続けた。それは当時のドイツが強い国だから出来たこと。韓国が日本と「完全かつ最終的に解決された」と約束していても、自分が有利になったらガタガタ言い出しても何の不思議もないだろう。

但し、言い出さないという選択肢も韓国にはある。約束の変更について保守的である(約束を守る国である)という評判は、国家の利益にもなる。自分が有利になったらすぐに、約束を変えようとしていては、約束をしてくれる相手がいなくなる。

韓国の外務省は厳しい選択を迫られる事になった(日本は警戒しなればならない事になった)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« だめだ | トップページ | 「フクシマ」という言説には構えてしまう »

コメント

東京電力は31日、福島第一原子力発電所の高濃度汚染水処理システムのうち、
放射性物質を凝縮、沈殿する仏アレバ製の装置で水漏れがあり、装置の半分を
停止したと発表した。

漏れた汚染水の量は不明。環境中への流出はないとしている。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110831-OYT1T00912.htm

しんじられまへんな。
どうせ施設内の地下へ染み込んでいるんだし正直に言っちゃえよ。

誰一人信じていません。

フクシマは永遠に被爆土地です。

投稿: 主権のない日本のデマの風評被害 | 2011年8月31日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52610382

この記事へのトラックバック一覧です: 基本的には韓国の問題なんだけど:

» 室伏選手の優勝に思ったこと [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

受信: 2011年8月31日 (水) 20時28分

« だめだ | トップページ | 「フクシマ」という言説には構えてしまう »