« 憲法改正に繋がる考えだと思いますが | トップページ | 世界は矛盾に満ちている »

2011年8月14日 (日)

価値ある物を後世に残せない国なの?

価値ある物を後世に残せない国なの?

レコードチャイナ:<中国人が見た日本>東大寺に多数残された唐代の宝物、なのに我々中国には…
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=53514&type=

正倉院はもともと天皇の私的な倉庫だったが、聖武天皇が756年に崩御すると、皇后は天皇が使っていた品や美術工芸品などをまとめてここに保管したそうだ。この時期の中国はちょうど唐・明皇の時代。かなり裕福な時代で、贈り物も頻繁に配っていた。

そのため、今日の正倉院には当時の貴重な品が多数残されている。一方、我々のばかでかい国には唐代から伝わる文化財など1点も残されていない。何と嘆かわしいことか。

そりゃあね、中国は王朝や民族の交代が何度もあったからね。日本は戦争なんてめったにない平和な国だし、そんな国に比べたら歴史的価値のあるものが無くなってしまう事もあるだろう。と、思っていたら以下に引用したようなニュースを思い出した。

サーチナ:中国の故宮でまたもスキャンダル、文化財損壊隠ぺいと口止め料疑惑
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0811&f=national_0811_216.shtml

この「口止め料スキャンダル」と「4点の文物損壊隠ぺい事件」に対し、故宮博物院は10日、いずれも「事実ではない」と否定した。

故宮では5月に展示品が盗難に遭ってから、故宮内の建物を会員制高級サロンに転用したり、国宝級の宋代の磁器を職員が壊したことを隠ぺいしたり、収蔵品を違法にオークションで転売したりといったスキャンダルが次々と明らかになり、中国各メディアやネット世論の批判が集まっている。

中国の故宮博物院が日本にとっての何に当たるのか良く判らないけれども、多分、正倉院や東京国立博物館に相当するような気がする。そんな施設で(場所で・組織で)、「建物を会員制高級サロンに転用」とか「収蔵品を違法にオークションで転売」ってどうかしている。貴重な収蔵物を傷つけてしまうような事故は(事故なら)日本でもあることだけど、「建物を会員制高級サロンに転用」とか「収蔵品を違法にオークションで転売」が事実なら組織として腐っているとしか言いようがない。

これじゃあ、平和な時代が続いたとしても、価値ある物を後世に残せないよ(始皇帝の兵馬俑は2000年の時を越えて現代に伝わったけれども、あと何年残るのだろうか)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 憲法改正に繋がる考えだと思いますが | トップページ | 世界は矛盾に満ちている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52473825

この記事へのトラックバック一覧です: 価値ある物を後世に残せない国なの?:

« 憲法改正に繋がる考えだと思いますが | トップページ | 世界は矛盾に満ちている »