« 教科書問題 | トップページ | 脱原発に必要なもの、それは共感できる夢 »

2011年8月26日 (金)

菅首相の役割とは何だったのか

菅首相の役割とは何だったのか

中日新聞:菅首相 きょう退陣表明 民主代表選が本格化
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011082690015637.html

菅直人首相は26日、公債発行特例法案と再生エネルギー特別措置法案が成立した後、退陣を表明する。民主党執行部はこれを受け、後継を決める党代表選の日程を27日告示、29日投開票と決定。出馬表明した前原誠司前外相(49)らによる短期決戦が本格化する。

菅首相が、よ~~やく辞める事になりました。しかし、菅首相の役割、歴史的な役割ってなんだったのでしょうか。

民主党という政党の政治家が如何にくだらないかを証明する事だったのではないかと言う気がします。小沢・鳩山・菅と民主党を作ってきた3人が、ぜ~んぶ、首相としては失格だったことを明かにしましたから。

  *        *        *

次は前原さんでしょうか。前原さんにせよ誰にせよ、民主党政権の敗戦処理・清算処理になるのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 教科書問題 | トップページ | 脱原発に必要なもの、それは共感できる夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52569252

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相の役割とは何だったのか:

« 教科書問題 | トップページ | 脱原発に必要なもの、それは共感できる夢 »