« 必要なのは対話と言うより理解すること | トップページ | 大人の対応 »

2011年8月 4日 (木)

軍事と輸送は切り離せないから?

軍事と輸送は切り離せないから?

毎日新聞:木語:日本人の「高鉄」批判=金子秀敏
http://mainichi.jp/select/opinion/kaneko/news/20110804ddm003070085000c.html

中国政府の中でも鉄道省は「半軍半官」「独立王国」といわれる特別な存在だ。

鉄道省の母体は人民解放軍の鉄道兵。国共内戦の時代、日本が残した満鉄を接収し軍事輸送に従事した。平時になって鉄道省ができても、軍は鉄道建設兵団と看板を変えて鉄道権益をはなさなかった。1984年、やっと鉄道省に組織を一本化した。各地の師団司令部が鉄道省の地方建設局になった。鉄道省の実態は軍なのだ。

戦争の時、戦場に敵より多くの兵員と武器弾薬を集めた側が勝つ。国家全体で敵より多くの兵員や武器弾薬を持っていても戦場に輸送できなかったら意味が無い。1人の兵員が働くためには食料その他の多くの物資やサポートする為の人員が必要になる。1台の戦車が働くためには燃料や弾薬だけでなく、整備兵や交換部品も必要だ。

世界最大の軍隊であるアメリカ軍は世界有数の輸送能力を持っている。

中国の鉄道と軍が強い結び付きを持っていても全く不自然ではない。

 *        *       *

問題なのは、戦時にやるような安全性で旅客輸送を行い、また、事故対応も戦時にふさわしい方法だったことだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 必要なのは対話と言うより理解すること | トップページ | 大人の対応 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52392303

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事と輸送は切り離せないから?:

« 必要なのは対話と言うより理解すること | トップページ | 大人の対応 »