« 区切りをつけなくちゃならないから | トップページ | 「穢れ」思想かな? »

2011年8月16日 (火)

赤紙一枚と言うキャッチコピー

赤紙一枚と言うキャッチコピー

朝日新聞:赤紙 繰り返さない
http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000001108160002

終戦記念日の15日、反戦や核廃絶などを訴える「京都母親連絡会」が、下京区の四条烏丸交差点などで戦時下の召集令状(赤紙)を再現した紙を配った。「紙切れ1枚で戦地に我が子を送り出さなければならない時代だった。平和を守っていこう」と訴えた。

時々「赤紙一枚で~」と言うフレーズを反戦平和活動をされている方から聞くけれど、これはキャッチコピーに過ぎない。判っている人も多いと思うけど。

  *        *        *

「赤紙」は徴兵を意味する。徴兵されれば死ぬ可能性がある、家族は働き手を失う。徴兵される側に不満や不安が生じる。せめて公正であると思わなければやっていけない。

出す側は、誰に赤紙を出すか相当に気を遣う。

徴兵した側について書かれた本屋やドキュメンタリーを見ると、相当な手続きを経て出されている。

  *        *        *

昔、劣等生(中学・高校)だったころ悪友(同程度の劣等生)とテスト前後になると問題集や答案用紙を指差して「こんな紙切れ一枚で人生が決まってたまるかぁ~」と言ったものだ。

定期テストは内申点に影響しどの高校を受験できるかに影響するし、入学試験はもろに人生に影響する。

テストの答案に書かれた点数。成績表。紙切れ一枚に過ぎない。

合否の結果を伝える一枚の紙切れ。人生を左右する一枚の紙切れ。

しかし、その一枚の紙切れに至るまでのテストする側・テスト受ける側の膨大な努力がある。

  *        *        *

「赤紙一枚で~」というのはキャッチコピーに過ぎない。

もし信じてしまう人がいるなら、その人は物事の表面や結果しか見えない人なのだと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 区切りをつけなくちゃならないから | トップページ | 「穢れ」思想かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52492630

この記事へのトラックバック一覧です: 赤紙一枚と言うキャッチコピー:

« 区切りをつけなくちゃならないから | トップページ | 「穢れ」思想かな? »