« バズビー教授は、まともに相手にされてない? | トップページ | 世間も捨てたものではない »

2011年9月 2日 (金)

高速道路無料化という実験の結果は?

高速道路無料化という実験の結果は?

産経新聞:わずか1年で凍結 “迷走”する高速道路無料化 フェリー会社からは恨み節も
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110901/plc11090111110015-n1.htm

フェリーなど割を食った関係業界からは「何のための実験だったのか」という恨み節が聞こえる。

「『実験したけどアカンかったからやめる』と言われても、こっちは船も職も失った。結局、バラマキ以外の何ものでもなかったんでしょう」

昨年11月、運航が休止された明石淡路フェリー(兵庫県明石市)の元社長、大麻一秀さん(58)が憤りをあらわにする。自公政権が平成21年に始めた高速料金の「休日上限千円」を民主政権が引き継いだことに加え、一部無料化の影響で観光客らを奪われ経営難に。所有していたフェリー3隻は売却、大麻さんは社長を解任された。「国は思いつきで始めた政策と船の運航停止の因果関係すら認めてくれない。実験と言うからにはきっちり検証してほしい」。

高速道路無料化という実験の最大の成果は「民主党は無能&無神経だと判った」事だと思います。

  *        *        *

高速道路を無料化すれば公共交通機関がダメージを受けることは判りきっていました。それが判っていて実行した。実際に廃業した会社もある。無料化が継続できればまだしも、潰れる企業を潰したタイミングで無料化を止める。

まるでライバルが潰れるまで安売りして、ライバルが廃業したら、元の値段に戻す作戦だったみたいです。資本に余裕のある大企業が目障りな中小企業を潰そうとしたみたいな作戦です。

  *        *        *

高速道路の無料化は、結局、騒いで損失を招いて、元に戻っただけ。

高速道路の無料化が終わっても、失われた公共交通期間は戻らない。

まえより不便になった人がいる。

交通弱者が増々、交通弱者になった。

民主党にこのことへの反省があるのでしょうか(そもそも気が付いているのでしょうか?)

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« バズビー教授は、まともに相手にされてない? | トップページ | 世間も捨てたものではない »

コメント

3月に発生した東北大震災時に起こった福島原子力発電所の爆発事故による死亡者数が、今後100万人に達すると
英紙インディペンデント電子版が29日(現地時間)、報道した。複数の韓国メディアがこの報道に注目し、詳細を伝えている。

  韓国メディアは、今後、福島原発事故による死亡者が100万人に達すると英国のメディアが衝撃的な分析を行ったと報じた。

  英インディペンデント紙は「なぜ福島災害はチェルノブイリよりも深刻なのか」と題し、複数の専門家の意見を紹介。
オーストラリアの内科医で、反核運動家のヘレン・カルディコット博士は、「福島に災いが近づいている」と警告。チェルノブイリ事故
による死者は25年間で20万人に達したが、福島の事故は、これより深刻だと指摘した。

  また、英アルスター大学のクリストファー・バズビー教授は、「チェルノブイリ原子力発電所は、一度に爆発したが、福島原発では
現在も放射性物質が出ており、チェルノブイリよりも状況が良くない。これから100万人以上が亡くなるだろう」と予想した。

  金銭的被害も福島原発事故は、はるかに多く、チェルノブイリ事故は、1440億ポンド(約17.9兆円)と推算されるのに対し、
日本は再建費用として1880億ポンド(約23.3兆円)を予想している。

  一方、日本政府は、福島原発での漏えい放射性物質の量が1945年に広島に投下された原子爆弾の168倍に達したと
明らかにした。専門家たちは、福島原発事故の被害は、まだ始まったばかりだと口をそろえているとして、事態の深刻さに言及した。

  チェルノブイリ周辺で放射能が及ぼす遺伝的影響を研究してきた生物学者ティム・ムソー教授は、放射線被ばくが持続されると、
健康に深刻な問題が発生すると述べている。実際にチェルノブイリの近くでは、昆虫やクモの個体数が減り、鳥の脳の大きさが小さく
なったことが明らかとなっていると語った。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0901&f=national_0901_034.shtml

投稿: 納得 | 2011年9月 2日 (金) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52626259

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路無料化という実験の結果は?:

« バズビー教授は、まともに相手にされてない? | トップページ | 世間も捨てたものではない »