« いつまでもつかねぇー | トップページ | 縁の下も忘れないで下さい »

2011年9月 5日 (月)

外国人献金、災いを福となせるか

外国人献金、災いを福となせるか

読売新聞:野田首相、在日韓国人2人から31万円献金
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110903-OYT1T00641.htm

いずれの男性も読売新聞の取材に在日韓国人であることを認めた。

船橋市の男性は当時から在日本大韓民国民団の支部役員を務めているといい、「野田さんは私が外国籍であることは知っていたはず」とする一方、献金は日本名で行ったことから「献金者が私だと気づかなかったのかもしれない」としている。

松戸市の男性は「清掃活動の仲間から『応援してくれ』と頼まれたが、献金したかどうかもよく覚えていなかった」としている。

野田事務所は3日、「外国人からの献金は本人も事務所も全く知らなかったが、問題がないか調査する」とコメント。結果は公表するとした。

野田さんの外国人献金問題は、前原さんよりも危険だ。何故なら、前原さんに献金したのは単なる知人で、特に政治活動などを行っていたという報道はない。対して野田さんの場合は、「在日本大韓民国民団の支部役員」だ。

民団の支部役員という立場がどの程度のものか私には判らないが、民団という政治活動を行っている団体の役員から献金の方が、知人で一般人の女性からの献金よりも政治的メッセージを持っているのではないか。

さらに言えば、野田さんの政治的立場や方針が「民団にとって歓迎すべきもの」なのではないか。野田さんは韓国メディアから極右などと評価されているが、近くから見ると民団にとって都合が良いのではないか。

民団は地方参政権を要求している。

野田さんは保守派と思っていたのだが、隠れ蓑に過ぎなかったのだろうか。

  *        *        *

外国人からの献金問題が報じられた前原さんの場合も野田さんの場合も、受けた側は「(献金の事実を)知らなかった」と言い、献金をした側は「(外国人からの献金は禁止されていると)知らなかった」と言っている。

献金を受けるときに政治家の側が(資金管理団体が)事情を説明し、日本国籍を確認するようにルール化し、チェックを怠れば献金を受けた側が罰せられるようにするべきではないか。

そのようなルールが出来れば、外国人献金を、災いを福となすことが出来る。

野田さん、そんな法案を出せば、すこしだけど野田さんを見直しますよ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« いつまでもつかねぇー | トップページ | 縁の下も忘れないで下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52651552

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人献金、災いを福となせるか:

« いつまでもつかねぇー | トップページ | 縁の下も忘れないで下さい »