« 両方嫌い | トップページ | 教育費への公的支出を増やせ »

2011年9月14日 (水)

私は何故、原発を容認するのだろう

私は何故、原発を容認するのだろう

朝日新聞:「ベント不成功なら致死量の被曝」保安院、震災翌日想定
http://www.asahi.com/national/update/0913/TKY201109130265.html

東京電力福島第一原発1号機の格納容器の圧力を下げることができなかった場合に発生が想定される事象として、原子力安全・保安院が、敷地境界での被曝(ひばく)線量が「数シーベルト以上」に達すると見込んでいたことが、情報公開法に基づき開示された同院の内部文書で分かった。7シーベルトが全身被曝の致死量と言われており、敷地内では人が生きていられない状況になる可能性が政府部内で検討されていたことになる。

おそらくこれは「起こり得る最悪の事態」なのでしょう。原発敷地内に人が立ち入れない。それこそチェルノブイリでやったように人海戦術で一人当たり数分の作業、しかも死傷することを覚悟の上でとなるか、線量が下がるまで放置されることになる。

起こり得る事態はいつかは起きるでしょう。私が生きている間に起きるかどうかは判らないけれど。

で、考えてしまうのは、私はその事態が起きる可能性を判っていながら、何故、私は原発容認派なのだろうかということです。

毎日新聞:ケニア:ナイロビでパイプライン爆発、120人死亡
http://mainichi.jp/select/today/news/20110914k0000m030129000c.html

現地からの報道によると、首都ナイロビで12日、石油輸送用のパイプラインが爆発。大規模な火災が発生し、少なくとも120人が死亡、100人以上が負傷した。パイプラインはスラム街を通過し、住民がパイプラインから漏れ出した石油を採取するために集まっていた。原因は不明だが、たばこの吸い殻から引火したとの情報もある。

パイプラインから漏れた石油を得ようとして集まった人達の教育レベル・知識レベルがどの程度か判りませんが、石油が危険なもの燃えるもの爆発するものであることぐらいは判っていたでしょう。少なくとも集まった全員が知らなかったなんてことは有り得ないと思います。

危険は承知、でも石油は欲しい。

結果、120人も死んでしまう。

   *        *        *

集まった人達が、採取した石油を売るつもりだったのか、それとも自分で煮炊きや自動車に使うつもりだったのかは判りませんが、彼らにとっては命懸けでも欲しいものだったのでしょう。

   *        *        *

私は、彼等の命を軽いとも、彼等が無知だったとも思いません。私は彼等を笑えません。

人間は経験によって怖いものが出来てしまいます。犬に噛まれた人が犬を怖がってしまうように。

私は、長期の失業こそ経験がありませんが、お金が無いという恐怖は経験しています。私は経済的な行き詰まり(不況と失業)が怖いのです。それこそ原発事故よりも怖いかもしれないぐらいに怖いのです。

ケニアで亡くなった120人も、石油が爆発すること(あるいは、その可能性)よりも、貧乏や燃料がない事の方が怖かったのであろうように。

   *        *        *

私と同じように、原発事故よりも(エネルギー不足による)経済的な行き詰まりが怖くて、脱原発に賛成出来ない人は多いのではないでしょうか。もし原発に替わり得るエネルギー源があるなら、私も脱原発派になるではないかと思います(私は、化石燃料の割合を増やし原発を減らす、但しエネルギー不足に備えて技術を継承できる数の原発は維持する、また新型のより事故率の低い原発を開発すべきと思っています)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 両方嫌い | トップページ | 教育費への公的支出を増やせ »

コメント


原子力エネルギーはわずか60年ほど前に開発された。

 石油は、次々に発見されているし、天然ガスもある。(少なくとも100年は大丈夫)

 新たなエネルギー開発も可能だろう。

 と言うより太陽や地球自体のエネルギーは膨大であり

 これをいかに変換するかと言う事だ。

 悲観的な事はなく,むしろその結果人口も増え

 地球が住めなくなる可能性のほうが高いだろう。

 私もほぼ同意ですが、急ぎ原発の危険性を再検証すべ きと考える。(核廃棄物が災害で放出されれば即、日 本は住めなくなる。)

投稿: sunsun | 2011年9月14日 (水) 06時32分

マークⅠ、BWR、PWR、第2世代、第3世代+という言葉を知っていますか。
これだけの事故が起きても、日本にある原子炉がいつ作られたどんなタイプのもので、その安全性がどれほどのものかをテレビが報道しないのは犯罪です。

ちなみに福島第一の1号炉は30年で廃炉にする予定でした(10年前のことです)。私はその下準備のテスト工事に携わりました。
左翼が解体は危険だと騒いだため、更に10年運転する事になりました。(40年で廃炉)

民主党内閣(海江田)はそれを更に30年延長して、60年間日本で一番古い原子炉を運転するという決断をしていました。
こんな左翼や民主党をあなたは許せますか?

投稿: 八目山人 | 2011年9月14日 (水) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52724301

この記事へのトラックバック一覧です: 私は何故、原発を容認するのだろう:

« 両方嫌い | トップページ | 教育費への公的支出を増やせ »