« リーダが変わっても、バラバラなのは変わらない | トップページ | バカ? »

2011年9月 9日 (金)

ヨウ素は何処から?

ヨウ素は何処から?

ZAKZAK:東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110909/dms1109091222007-n1.htm

奥州市下水道課によると、7月から8月11日まで汚泥採取を計5回行い、5回ともヨウ素131は「不検出」だった。だが、8月25日の採取分で、2300ベクレルを検出。31日は590ベクレル、9月6日も480ベクレルを検出した。厚生労働省が示す食品、飲用水などの暫定規制値は、乳児で1キロ当たり100ベクレル、成人は2000ベクレルで、それをはるかに超える数値が出たことになる。



実は、同原発から200キロ以上離れた東京都でも数値が急上昇した。8月15日〜16日にかけて、各地の下水処理施設で採取された汚泥に含まれるヨウ素131の濃度が上がり、東部スラッジプラント(江東区新砂)や清瀬水再生センター(清瀬市下宿)では150ベクレルを記録した。直近では不検出か微量の検出にとどまっていた。



夕刊フジの取材に対し、東京電力では「(原発敷地内の)モニタリングポストの値が排出限界値を超えた記録はなく、新たに放射性物質を排出した事実はありません」(広報部)とコメントしている。

放射性ヨウ素の半減期は8日と短いので、どこかで核反応が起きている事になります。今回検出されたヨウ素は福島原発から来たものでしょうか。私はその可能性は低いのではと思っています。

  *        *        *

福島原発で再臨界が起きて放射性ヨウ素が漏出したにしては不自然な点が2つあります。

ひとつめは、下水処理場でばかり検出されて、上水用の浄水場からは検出されてりないこと。もし、仮に福島原発から漏出したのなら煙や蒸気といった形で大気中に排出されるでしょう。としたら、当然の事として上水の水源にも降るでしょう。放射性ヨウ素などの検査も行っています。

3月4月のニュースを思い出すと、水道水(水道用の浄水場)から検出されて大騒ぎになりました。そして、しばらく時間がたってから下水の浄水場から検出され問題になりました。

大気中に放出されたと考えるなら、上水から検出されないのは不自然です。

ふたつめは、ガイガーカウンターを持った多くの人々の存在です。東京電力のモニタリングポストの値を正しく公表しているなら、当然、大気中への放出は無いか有っても微量に止まります。東京電力を信用できないとしたら、どうなるでしょうか。福島原発の周辺には(警戒区域の外になりますが)多くの人々がいます。彼等の中にはガイガーカウンターを持っている人が多数います。

もし、大量の放射性ヨウ素が大気中に排出されたら、彼等のガイガーカウンターが発見するでしょう。そしてツイッターやブログなどのネットやマスコミに情報を流すでしょう。

検出されたのは8月のことです。もし放射線量が上がっていれば、すでに大騒ぎになっていなけれななりません。しかし、そんな騒ぎも報告もありません。仮に、東京電力がウソをついているとしても、排出された放射性ヨウ素は少量にすぎす、放射線量には影響を与えない程度のものだったという事になります。

以上の点から、私は、大規模な(放射線量に)影響を与えるような放射性ヨウ素の漏出はなかったと判断しています。

  *        *        *

では、今回検出された放射性ヨウ素はどこから来たのでしょうか。ツイッターなどでは医療用の放射性物質が起源ではないかという意見もありました。納得できる意見ではありますが、私には確認の手段がありません。

もし医療用の放射性物質が起源であるなら、これまでにも度々起きているはずで、下水の浄水場では経験を積んでいるはずです。いまの世間の空気では言いにくいでしょうか、過去の例と比較してどうなのか(似ているのか、似ていないのか)を発信してもらいたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« リーダが変わっても、バラバラなのは変わらない | トップページ | バカ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52687702

この記事へのトラックバック一覧です: ヨウ素は何処から?:

« リーダが変わっても、バラバラなのは変わらない | トップページ | バカ? »