« 教育費への公的支出を増やせ | トップページ | もしかして、東京電力って優秀だったの? »

2011年9月15日 (木)

失敗してみるのも良い経験ではありますが

失敗してみるのも良い経験ではありますが

読売新聞:政権交代「良かった」11ポイント下落し47%
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110914-OYT1T01021.htm

民主党政権誕生から2年を迎えるのを前に、読売新聞社が実施した全国世論調査(3〜4日、面接方式)によると、政権交代したことを「良かった」と答えた人は47%で、昨年9月調査の58%から下落した。

「政権交代したことを『良かった』と答えた」ひとは、どんなところが良かったと考えているのかな。あえて良かった所を探すと、民主党の実務能力がダメだと実証されたってところかな。あと、自民党の政治家を失言やカネの問題で攻め立てていたけれど、民主党の政治家だって同じだって判ったことかな。(いや、民主党の政治家の方が汚いかな)。

それ以外に何があるかな。政策を検証させるという意味で政権交代は良かったけれど(事業仕分け)たいした成果が上っているようにも見えないんだよね。高校無償化は評価しても良いけど(私は「大きな政府」を支持しているから)、準備不足(財源や朝鮮学校の問題)であることは否めない。

   *        *        *

明確に良いことが思いつかない一方、日米関係を混乱させ、日中関係もややこしくした、震災からの復旧復興についての政策もズルズル決まらない。

   *        *        *

高い授業料だぜ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 教育費への公的支出を増やせ | トップページ | もしかして、東京電力って優秀だったの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52733413

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗してみるのも良い経験ではありますが:

« 教育費への公的支出を増やせ | トップページ | もしかして、東京電力って優秀だったの? »