« 民主社会を動かすのはデモではなく選挙 | トップページ | 弁護士費用も払うのなら »

2011年9月22日 (木)

育鵬社の教科書は良くなるに違いない

育鵬社の教科書は良くなるに違いない

毎日新聞:歴史教科書:育鵬社版 似顔絵など誤りで訂正へ
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110922k0000m040060000c.html

来年度から中学校で使われる保守系の育鵬社版の歴史教科書で、1956年の日ソ共同宣言に関するソ連側の首脳の似顔絵と名前に不正確な記載があることが21日分かった。横浜市の有識者グループや市販本の読者から指摘があったことを受け、同社は「訂正すべきところは訂正したい」とし、文部科学省に訂正を申請する。

保守系の教科書として注目されている育鵬社の教科書ですが、多くの方々に注目されているようです。そしてミスを指摘されています。この事で2つばかり思った事があります。

ひとつめは、育鵬社の教科書は他の教科書よりもミスの少ない教科書になるでしょう。

他の教科書には市販本があるのでしょうか(私は目にした事がありません)そして多くの方に読まれているのでしょうか。育鵬社の教科書は他の教科書に比べ多くの方々に読まれているに違いありません。

教科書は「実用品」です。実用品は多くの方々に使われ批判批評されることで鍛えられます。

いろんな方に読まれて批判批評される事で育鵬社の教科書は鍛えられるに違いありません。多分、他の教科書よりもミスの少ない良い教科書になるでしょう(出版社の対応が適切で、方針がぶれなければ、の話ですが)。

ふたつめは、教科書のミスがニュースになるということ。教科書も人間の作るものですからミスが無いなんて言えません。他の教科書にもミスがあって当然だし、ミスも修正されている筈なのにニュースを目にした記憶が(あまり)ありません。

育鵬社の教科書はそんなにミスが多いのでしょうか。それとも他の教科書のミスは無視されているだけでしょうか。

気になります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主社会を動かすのはデモではなく選挙 | トップページ | 弁護士費用も払うのなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52796073

この記事へのトラックバック一覧です: 育鵬社の教科書は良くなるに違いない:

« 民主社会を動かすのはデモではなく選挙 | トップページ | 弁護士費用も払うのなら »