« 陰謀論はキライ(その2) | トップページ | 青酸カリと放射性セシウム »

2011年9月24日 (土)

全員を不幸にする民主党政権の未熟さ

全員を不幸にする民主党政権の未熟さ

読売新聞:諫早調査は制限開門、長崎知事「承服できない」
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20110924-OYS1T00209.htm

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の開門調査を巡り、鹿野農相は23日、長崎県諫早市で中村法道・同県知事らと会談した。鹿野農相は、国が環境影響評価(アセスメント)の中間報告で示した4種類の開門方法のうち、湾内の調整池の水位や海水の流出入量を最も抑える「制限的開放」で実施する意向を明らかにした。農林水産省は2012年度の概算要求に関連費用を盛り込む方針。開門に反対してきた長崎県と「全開」を求めてきた佐賀県はともに反発している。

諫早湾で制限的にせよ開門したら漁場に影響が出ます。それは(全体としては良いかも知れませんが、短期的には)必ず悪い結果を招くでしょう。何故なら、漁業は「現在の」状況に対して適応しているからです。どんな開門をしても、単純に昔の環境に戻るなんて事はないでしょうから、新しい環境でどんな漁業を営めば良いのか判るまでの間は苦しい時期が続くことになります。

一方、農業関係者にとっては純粋なリスクです。災害や塩害のリスクが増える。

開門調査はだれも幸せにはしません。

  *        *        *

鳩山さんは普天間、菅さんは諫早湾で寝た子をつついて騒ぎを起こしてしまいました。どちらも自分では収束させずに辞任してしまいましたが。

自民党政権がベストであったなんて、とても言えませんが、民主党政権は未熟に過ぎます。カッコよく問題可決したかったのでしょうが、結局、騒ぎを起し不幸な人を増やしただけです。

  *        *        *

民主党政権は「カッコつけすぎましたゴメンナサイ」と言うべきです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 陰謀論はキライ(その2) | トップページ | 青酸カリと放射性セシウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52815804

この記事へのトラックバック一覧です: 全員を不幸にする民主党政権の未熟さ:

« 陰謀論はキライ(その2) | トップページ | 青酸カリと放射性セシウム »