« 弁護士費用も払うのなら | トップページ | 何故「届かない」と言うのか »

2011年9月22日 (木)

陰謀論で言うと

陰謀論で言うと

FNN:茨城・常総市にある三菱マテリアル敷地内で蓄電池が燃える火事 鎮火のめど立たず
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00208017.html

茨城・常総市にある「三菱マテリアル」の敷地内で21日午前、蓄電池が燃える火事があった。警察によると、鎮火のめどは立っていないという。

午前7時半ごろ、常総市古間木(ふるまぎ)にある三菱マテリアル筑波製作所の敷地内で、東京電力が管理している蓄電池の設備が燃える火事があった。

午後4時半現在、消火活動が続けられているが、けが人はいないという。

警察によると、蓄電池はナトリウムと硫黄を成分としていて、ナトリウムは水と激しく反応するため、水を使った消火活動ができず、栃木・小山市から取り寄せた砂で、消火作業を進めるという。

現場は、台風15号の影響で雨が降ったりやんだりしていて、鎮火のめどは立っていないという。

NAS電池に限らずエネルギー密度の高い物が事故ると大事になります。一時期、ノートパソコン(のバッテリー)が発火する事故が続いたことがありますが、それの大規模なものと思えば良いのでしょうか。

また、出火したNAS電池を設置した東京電力のサイトにも記述があります。

東京電力:お客さまの敷地内に設置したNAS電池の火災発生について
http://www.tepco.co.jp/cc/direct/11092201-j.html

平成23年9月21日午前7時20分頃、三菱マテリアル株式会社(本社:東京都千代田区)筑波製作所殿(茨城県常総市)に、当社が設置している電力貯蔵用NAS(ナトリウム硫黄)電池(定格出力2,000キロワット)において火災が発生しました。

電力貯蔵って簡単に言うと電池の事でしょうけど、実は自然エネルギーの普及の為には欠かせないもののひとつです。その電池が火災を起こして消火活動も満足に出来ない。

   *        *        *

あくまで事故は事故ですけど、妄想と陰謀論を駆使すると、自然エネルギーの普及を邪魔する原発推進派の放火に違いありません、と言う人が出てくるような気がします。設置したのは東京電力だし。

   *        *        *

あくまで妄想です、私は、この火災は事故であり作為があるとは思っていません。ただ、妄想と陰謀論にはまって物事を見ている人がいるので、そういった人には丁度いい事故ではないかと思ったもので。

   *        *        *

でも、電池の火災って怖いよね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 弁護士費用も払うのなら | トップページ | 何故「届かない」と言うのか »

コメント

 「陰謀論者=自分に都合の悪いことはすべて人の所為」ですから。
 ただ、自然エネルギーの普及にとって電力貯蔵(蓄電池)の開発はボトルネックですし、仮に技術的に目処がついても、コスト的にはほとんど絶望的だと思うのですが。

投稿: 花まる | 2011年9月24日 (土) 03時08分

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00208017.html
this link is dead, could someone give me a link with photos or videos of this event?

投稿: frank | 2011年10月13日 (木) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52802647

この記事へのトラックバック一覧です: 陰謀論で言うと:

« 弁護士費用も払うのなら | トップページ | 何故「届かない」と言うのか »