« 何が狙いだろうか | トップページ | 育鵬社の教科書は良くなるに違いない »

2011年9月21日 (水)

民主社会を動かすのはデモではなく選挙

民主社会を動かすのはデモではなく選挙

朝日新聞 社説:脱原発集会—民主主義が動き出す
http://www.asahi.com/paper/editorial20110921.html#Edit1

人々が横につながり、意見を表明することは、民主主義の原点である。民主主義とは、ふつうの人々が政治の主人公であるということだ。国の場合は、議会制による間接民主主義とならざるを得ないが、重大局面で政治を、そして歴史を動かすのは一人ひとりの力なのだ。

米国の公民権運動を勇気づけたキング牧師の「私には夢がある」という演説と集会。ベルリンの壁を崩した東ドイツの市民たち。直接民主主義の行動が、国の政治を動かすことで、民主主義を豊かにしてきた。

日本でも、60年安保では群衆が国会を取り囲んだ。ベトナム反戦を訴える街頭デモも繰り広げられた。それが、いつしか政治的なデモは沖縄を除けば、まれになった。政治的な訴えが通らない現実に、あきらめが先に立ったからだろうか。

朝日新聞の社説から高揚感が伝わってくる。私は「ケ(「ハレとケ」のケ)」の世界で高揚感があるのは危険だと思っている。現実世界での判断を誤ってしまいそうだから。

   *        *        *

デモで直接的に社会を動かす事は出来ない。少なくとも民主社会では望ましい事ではない。

デモというのは無関心な人間の胸倉をつかんで「オレの話を聞け!」というような行為だ。で、無理矢理話を聞かされた人間が興味を持って色々考えて行動を変えることによって社会を変えようとする行為だ。

でも民主社会で法や権力を変える正当な方法は選挙だ。社会を変えるのは、一般大衆の投票行動だ。

デモで社会を変えようとするなら、一般人の投票行動を変えられるようなデモでなければならない。

一般大衆に広がらないデモでは、労働組合などの組織化されたデモでは何人あつまっても、既に投票行動の固まった人間が固まった政治信条を表明しているだけに過ぎず、選挙結果は変わらず、社会も変わらない。

   *        *        *

日本でも、60年安保では群衆が国会を取り囲んだ。ベトナム反戦を訴える街頭デモも繰り広げられた。それが、いつしか政治的なデモは沖縄を除けば、まれになった。政治的な訴えが通らない現実に、あきらめが先に立ったからだろうか。

諦めたのはデモをしている人々に過ぎず、一般大衆は諦めたのではなく現状で良いと考えていた。安保闘争でデモを繰り広げた人々は少数派に過ぎなかったというのが現実だろう。

   *        *        *

日本では、当分の間、原発を動かせないだろう。新設はさらに難しいだろう。しかし、それは選挙に負けるからであって、デモをしたからではない。と言うかデモをしたから社会が動いたと思ってしまうと危険だ。何故なら、自分達の主張が通らないのはデモが足りないからだとなってしまい、一般大衆からかけ離れた過激なデモや行動を誘発しかねない。

デモは社会を動かす為に行うのではなく、デモは一般大衆を説得する為に行うべきだと思う。

高揚感は危険だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何が狙いだろうか | トップページ | 育鵬社の教科書は良くなるに違いない »

コメント

一つ今回の「反原発」デモで不思議に思う事は、日の丸を掲げている人が一人も見受けられなかった事です。
テレビのニュースでしか見ていないので実際はいたのかもしれませんが。
今後の日本を良くするために集まったのではないですかね?
まあ大江健三郎がいたから禁止だったのかな?
なかなか政治的意図がプンプンのデモですね。

投稿: きき | 2011年9月21日 (水) 12時49分

私はデモに行きましたが、日の丸を掲げていた人もいましたよ。少なかったですが。

投稿: あず | 2011年9月22日 (木) 03時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52788661

この記事へのトラックバック一覧です: 民主社会を動かすのはデモではなく選挙:

« 何が狙いだろうか | トップページ | 育鵬社の教科書は良くなるに違いない »