« 経済合理性があるなら使え | トップページ | 武田教授から民主党と同じ腐臭がする »

2011年9月 7日 (水)

いまの民主党は「稚拙な自民党」に見えます

いまの民主党は「稚拙な自民党」に見えます

北海道新聞 社説:政策二元化 族議員生む懸念どこへ(9月6日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/316523.html

前原氏は3月に外相辞任後、役職から離れると政策決定に関与できないと気づいたという。確かに前政権では、政府に入れなかった約300人の与党議員に不満が募っていた。

今後は政調の下の各部門会議で与党議員が法案を事前審査し、政調会長の了承がなければ国会提出できなくするという。

政調と総務会の了承を経て国会に提出していた自民党時代と同じだ。

現状に不満な何かを作り直す。そしたら、現状と対して違わないものが出来た。良く良く考えてみたら、いろんな制約(物理的だったり人間の能力的な問題だったり)を認識させられる。

いまの民主党はそんな状態でしょう。

族議員が産まれようとしている。政治と金の距離感が判らない。失言したらどんだけ周りが迷惑か学習しているところ。

 *        *        *

法案審査で省庁に貸し借りをつくり、地元や業界団体からの陳情、働きかけを口利きする。職務権限がないのに影響力を発揮し、いつしか族議員化する。それが自民党政権時代の反省点だったはずだ。

そうして改めた仕組みを、時の執行部の考え次第で検証なしにくるくる変えては政党の体をなさない。

民主党自体が、政策や政治思想を元に出来たものではなく「政権が欲しい」ってだけで産まれた政党ですから、普通の政党じゃないのかもしれません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 経済合理性があるなら使え | トップページ | 武田教授から民主党と同じ腐臭がする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52667887

この記事へのトラックバック一覧です: いまの民主党は「稚拙な自民党」に見えます:

« 経済合理性があるなら使え | トップページ | 武田教授から民主党と同じ腐臭がする »