« 気持ちは判る | トップページ | 何が狙いだろうか »

2011年9月20日 (火)

ここまで来るとビョーキだよ

ここまで来るとビョーキだよ

中日新聞:福島の花火使用取りやめ 日進の大会、市民の抗議で
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011091990100354.html

実行委は市や市商工会の職員、市民有志らで構成。今年は東北の花火を打ち上げ、被災地復興を祈る予定だった。だが新聞折り込み広告などで計画を知った市民らから16〜17日に、「放射能で汚染された花火を持ち込むな」「花火でまき散らすのか」といった抗議の電話やメールが20件以上市役所などに寄せられたという。

実行委は当初、「花火店のある場所は国の放射線許容量を下回っている。室内で保管され、まったく問題ない」として実施する考えだったが、直前の17日午後になって取りやめを決めた。

実行委事務局責任者の宮地勝志・市産業振興課長は「安全性に問題がなく、取りやめは苦渋の決断だ。一人でも多くの人に気持ちよく花火を見てもらいたいという考えで判断した」と理由を説明した。

川俣町は一部が原発事故で計画的避難区域に指定されているが、菅野煙火店は区域外の低線量地域にある。菅野忠夫社長は「初めてのケース。仕方がないが、大変残念」と悔しがった。

記事を信じると「花火店のある場所は国の放射線許容量を下回っている」し「室内で保管され」ているし、花火にくっついてくる放射性物質の量はどう考えても健康に影響するほどだとは思えない。

  *         *        *

この程度の量ですら許せないとなると、もう福島と空気が繋がっているのをどう思うの?って聞いてみたくなるレベルだよ。花火数個で持ち込まれるものを気にしても交通はあるし空気だって繋がっているし、例え、福島の西にあっても地球は丸いんだから福島上空を通過した空気は東へ東へと流され西からやってくる。そんな空気に含まれているものは気にしないの?って聞いてみたい。

ビョーキ。

   *        *        *

安全策は多めに行うべきだと思う。多少の過剰はむしろ良いことだ。しかし、ここまでの過剰な反応は、結果として不幸をもたらしてしまうのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 気持ちは判る | トップページ | 何が狙いだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52779147

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで来るとビョーキだよ:

« 気持ちは判る | トップページ | 何が狙いだろうか »