« 何に負けたと言うべきか | トップページ | 40年前は8~12シーベルト/年? »

2011年10月31日 (月)

差別はあんまりないらしい

差別はあんまりないらしい

産経新聞:花田紀凱の週刊誌ウォッチング
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111029/bks11102907540001-n1.htm

『週刊文春』と『週刊新潮』(ともに11月3日号)が揃(そろ)って橋下徹大阪府知事の出自の問題を特集している。

『文春』が「暴力団員だった父はガス管をくわえて自殺 橋下徹42歳 書かれなかった『血脈』」。

『新潮』が「『同和』『暴力団』の渦に呑まれた独裁者『橋下知事』出生の秘密」。

両誌ともほとんど同じ内容で、橋下知事が大阪・八尾市の同和地区に生まれ、父親と叔父がヤクザで父親は自殺、従兄弟が1999年に金属バット殺人事件で逮捕--というもの。

これまで書かれなかった出自のことが、なぜ今? なぜこのタイミングで?

橋下知事へのネガティブキャンペーンでしょうが、私は、このニュースを見て、そういった事とは別に「日本の『穢多・非人』への差別は終わっているのではないか」と思いました。

  *        *        *

一例だけをもって判断する事は避けねばなりませんが、同和地区の出身で家族が暴力団関係者であっても、本人の才能と努力で弁護士となり、府知事となったことは事実ですから、被差別の方々への差別が無くなったとは判断できなくても、そういった方々の全てを拒否している訳ではないことを証明しています。

それに、そういった事実が公になっても、世間の橋下知事への評価が下がったようにも見えません。うん、こちらの方が意味としては大きいかも。そういった事実を知っても橋下知事への評価が下がらない。これは、世間が「たいした事じゃない」と判断していると言うことですから。

  *        *        *

ネットでは人間の暗い側面が噴出することがあります。被差別の方々を非難する書き込みを見てゲンナリすることもあります。しかし、それだけ。

それと悪口や罵詈雑言は何も被差別の方々に対してだけ特別に大きい訳でもありません。ありとあらゆる人間・人間集団が非難の対象になっています。政治家・宗教家・外国・企業や学校・専業主婦に職業婦人に独身者・男性・女性・同性愛者に異性愛者、罵詈雑言の対象になっていない人間集団ってありましたっけ。

この意味でも特別に差別されている訳ではありません。

  *        *        *

あ、非難の中にも的を得ているものもある事は認めるし、非難された側が反論してはならないと言っている訳ではありませんので。

  *        *        *

橋下知事はかつて、同和行政について、その役割が終わったので変えるべきと発言していたと記憶していますが、本人の経験・経歴に裏付けらたものだったようです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何に負けたと言うべきか | トップページ | 40年前は8~12シーベルト/年? »

コメント

フジテレビ偏向報道批判デモに対して、左翼は「韓国人に対するレイシズムだ」的な批判を繰り返していますが、韓国人というだけで非難や差別をしている人など見たことも有りません。(保守派の集会での呉善花さんや鄭大均さん、あるいは金美齢さんに対する態度を見れば分かります。大人気ですよ。)

韓国という国家や韓国人の殆んど全てが、嘘・捏造をもって、全世界で日本を貶めていることに対して怒っているのです。

投稿: 八目山人 | 2011年10月31日 (月) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53124739

この記事へのトラックバック一覧です: 差別はあんまりないらしい:

« 何に負けたと言うべきか | トップページ | 40年前は8~12シーベルト/年? »