« 良くしようとして悪くなる? | トップページ | TPP交渉参加に賛成する理由 »

2011年10月26日 (水)

普天間固定化を直視せよ

普天間固定化を直視せよ

時事通信:米議会説得、依然厳しく=海兵隊は普天間固定化準備
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011102501028

一方、海兵隊は普天間飛行場のさらなる長期的な使用を想定し、滑走路など施設の近代化計画を着々と進める。垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが来年10月以降、計画通り普天間に配備されれば、「世界一危険」と呼ばれる普天間飛行場の固定化が既成事実化するのは避けられない。

民主党政権は移転の努力を続けるでしょうが、それは成功の可能性があるからと言うより、普天間を固定化したと言われたくないが為に続けているように私には思えます。

  *        *        *

ことここに至っては、普天間は移転できないと考えるしかないでしょう。そして、いまの日本にアメリカとの関係を悪化させる選択肢はありません。

結果、アメリカの海兵隊が継続使用を希望したなら(そして彼等は返還なんて希望しないでしょう)普天間は継続使用される。つまりは普天間の固定化です。

  *        *        *

民主党政権には、アリバイ作りのような説得や机上の進展を行うのではなく、「政権を奪るために出来もしない約束をしました。その結果、普天間は固定化されました」と言ってもらいたいと思います。

移転を諦めたとハッキリさせるのを次の政権(多分、自民党政権)に先送りさせないで、そして、諦めたと言った政権が固定化したのだと責任を転嫁したりせずに、せめて、失敗したとケジメをつけるくらいの事はしてもらいたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 良くしようとして悪くなる? | トップページ | TPP交渉参加に賛成する理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53084725

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間固定化を直視せよ:

« 良くしようとして悪くなる? | トップページ | TPP交渉参加に賛成する理由 »