« 生活保護 | トップページ | 生まれで差別することを否定するなら »

2011年10月10日 (月)

民主化して無くなる信仰の自由

民主化して無くなる信仰の自由

47NES:治安部隊とコプト教徒衝突 エジプト、19人死亡
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101001000047.html

エジプトの首都カイロ中心部で9日、南部アスワン県で教会が襲撃されたことに抗議したキリスト教の一派コプト教徒らのデモ隊と治安部隊が衝突、中東通信によると少なくとも19人が死亡、150人以上が負傷した。

ムバラク独裁体制が崩壊したエジプトですが、このニュースを読んで嫌な予感がしました。ちょこっと、ぐぐって見たらコプト教徒のエジプトからの脱出が始まっているようです。

モーニングスター:<新興国EYE>現代の“出エジプト”? コプト教徒の出国が活発化
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=535971

民衆の力でムバラク長期独裁政権を倒したエジプトの革命から半年以上が経過した。チュニジアとともに、上からの近代化の限界を見せつけた「アラブの春」の余波がシリアを筆頭に広がりを見せるなか、震源地である当のエジプトでは、キリスト教徒が国を離れる動きが活発化している。同国のキリスト教徒はコプト教徒と呼ばれる。



フェデレーション・オブ・ヒューマン・ライツ代表のナキブ・ガブリエル氏は、コプト教徒がエジプトから逃避する主な理由として、イスラム法(シャリーア)が国法として施行されることを要求する勢力の存在、および教会襲撃者を司法で裁くことが新政府にはできないのではとの懸念を挙げている。



しかし、同教徒に対する迫害が現代のエジプトの抱える深刻な問題であることは否定できないと語る、関係者がいるのもまた事実だ。エジプトでは3月、首都カイロで抗議デモを行っていたコプト教徒とがイスラム教徒と衝突し、多数に死傷者が出る騒ぎなどが起きている。

もしかしたら、エジプトは独裁者が去って、別に独裁者の宗教だった訳でもないのに実質上の信仰の自由が無くなる人がいるのではないでしょうか。

  *        *        *

エジプトの人々、特に多数派のイスラム教徒の人々は「イスラム教徒であること」と「エジプト国民であること」のどちらを優先するのでしょうか。

もし彼等が「イスラム教徒であること」を優先するなら、エジプトは民主的に信仰の自由をなくした国となるでしょう(これも民主国家の一つの形ではあると思います)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 生活保護 | トップページ | 生まれで差別することを否定するなら »

コメント

福島第1原発事故を受け、文部科学省が県単位で公表を続ける土壌に蓄積された
放射性セシウムの汚染マップ。国内で人口トップ2の東京都、神奈川県分が6日、
初めて発表された。都内は葛飾区柴又などで高い数値が出たほか、多摩地区では
チェルノブイリ原発事故で「汚染地域」とされる基準を上回るなど、深刻な事態が浮き彫りとなった。

 調査によると、セシウム134と137の合計蓄積量は、東京都の大半は
土壌1平方メートルあたり1万ベクレル以下だった。しかし、奥多摩町など
多摩地区で10万~30万ベクレル。23区内では葛飾区柴又、東金町、水元公園や
江戸川区北小岩の一部で3万~6万ベクレルと、周囲より高い地域があった。
神奈川県でもほとんどの地域は1万ベクレル以下ながら、山北町など
県西部の一部で6万~10万ベクレルが検出された。

 汚染マップ上には2本の帯がみてとれる。福島から栃木、群馬に流れたものと、
茨城から千葉北西部を経て都内に至る2本だ。文科省は、風の影響で原発から
北西方向に広がった放射性物質が、福島市西部の山間部で南西に方向を変え、
群馬県西部まで汚染が広がったと分析。原発の南方では茨城県北部で風がいったん
海側に向きを変えた後、再び陸地側に方向を変え、葛飾区まで到達したとみている。

 セシウムは体内に入ると筋肉などにたまり、がんの原因になる。

 半減期は、セシウム134が2年、137が30年。チェルノブイリ原発事故では
影響が長期間にわたる137について、3万7000ベクレル以上が「汚染地域」とされた。

 今回の調査で137は葛飾区周辺では1万~3万ベクレルだったものの、
奥多摩町北部の山間部では6万~10万ベクレルと、「汚染地域」基準を上回っている。
ただ、強制避難の基準となる55万ベクレルは大幅に下回った。

 結果を受け、都保健局では「健康面において直ちに影響を与えるようなレベルではないが、
汚染マップは航空モニタリングでの結果なので、(地上の)地点ごとの測定をきちんと進めていく」としている。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20111007/dms1110071146006-n1.htm

投稿: 実際、関東以北は退去すべきである | 2011年10月10日 (月) 16時45分


> 実際、関東以北は退去すべきである

平気です、住めます。

投稿: 平気です、住めます | 2011年10月10日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52953308

この記事へのトラックバック一覧です: 民主化して無くなる信仰の自由:

« 生活保護 | トップページ | 生まれで差別することを否定するなら »