« 完全を求めて | トップページ | 京都議定書は茶番でした »

2011年10月 8日 (土)

10世代もあとのこと

10世代もあとのこと

swissinfo:福島原発事故、遺伝子突然変異は人類にとっての問題
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=31290712

「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。その結果が現れるのは、さまざまな要因が絡み約10世代も後のことだ。だが、それは人類にとって大きな問題になる」と、スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏は話す。

突然変異した遺伝子を持つ者同士が遠い将来に偶然結婚して発現することは、しかし、どういったものなのかまったく分かっていない。ただそれは大局的に見ると、がんのわずかな増加より倫理的に問題だと危惧する。

10世代って250年くらい先の話ってことなのかな。

250年先の事は判らないので、どれくらい判らないか考えてみた。250年昔の人間にとって現代は250年後だ。だから250年前の人間が現代の事をどれくらい予想できたか想像してみる。

今年は2011年だから250年前っていうと1761年、18世紀、江戸時代。ぐぐってみると平賀源内(1728年〜1779年)や杉田玄白(1733年〜1817年)が生きていた時代。

この時代の日本は黒船の来航を(いつかは有り得ると)予想はしていただろうけれど、圧力を受けて開国させられる事や明治維新や日本が帝国主義を学んで中国や台湾や朝鮮半島に進出するなんて予想していたとは思えない。まして第二次大戦でアメリカと血みどろの戦いをして、原爆を落とされるなんて予想していなかったに違いない。

蘭学などの欧米の科学を学んで、地球は丸いと知っていたかもしれないが、ロケットで月に行けるとか宇宙に長期滞在するとか(宇宙ステーション)想像していたとは思えない。

静電気や磁石は知っていただろうけれど、もしかしたら電灯の原理ぐらいは知っていたかも知れないけれど、実用品としての電気を想像できただろうか。原子力なんて想像できないに違いない。

250年前の人間の人間に現代の政治も科学技術も想像できたとは思えない。うん、私が250年後の人達を想像できなかったとしても、全然、不思議じゃない。

  *        *        *

判らないけれども、判ることもある。人間は相も変わらず互いに争っているだろう、とか。人間の本質は今と変わっていないに違いない。なんせ、歴史を学ぶと(賢人もいるけど)私達と同程度のおバカな人達がいっぱいいる。

  *        *        *

人間が核技術(放射線・放射能)を知って約100年。

原子力発電、核燃料サイクルの試み、核爆弾、レントゲン写真などなど、100年の間に人間は核技術をとんでもなく発展させた。その2倍以上の、250年という時間があれば人間はどこまで核技術を発展させるのだろうか。

仮に一時的に脱原発が行われたとしても、人間は核技術を手放してはいないだろう。それは人間の本質だから。

現代人の多くは(日常レベルの技能として)筆で手紙を書くことが出来ない。それは一種の失われた技能。同じように知識としてはあるけど使えなくなった技術や技能は多くあるだろう。しかし、それらが失われたのは「それ以上に便利なものが出来たから」だ。鉛筆やボールペン、ワープロやパソコンで手紙を書くことは、筆で手紙を書くより何倍も便利。だから、みんな筆で手紙を書くなんてしなくなって出来なくなった。

人間は一度獲得した知識や技能を手放したりしない、替わりのものが出てくるまで。

核より便利で強力なエネルギー源が実用化されるまで、核エネルギーは使用されつづけるだろう。

それは人間の本質の一部だから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 完全を求めて | トップページ | 京都議定書は茶番でした »

コメント

全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま)は7日の理事会で、
操業自粛としていた福島第一原発から半径100キロの海域を
操業禁止にする、と決めた。現在のサンマ漁は北海道東部が中心だが、
群れが南下し、今月中旬にはこの海域に入る。

同組合は「水揚げされるサンマの安全性をより高めるため」としている。

さらに、同原発から100キロ以上離れている福島東方沖や、
200キロ離れた銚子沖でも、今月中旬から11月上旬にかけ、
捕獲されたサンマの放射性物質を検査し、結果が出るまで
操業を自粛することも決めた。

全さんまなどによると、サンマの群れの南端が今月、岩手県宮古沖
約90キロの海域に到達し、三陸の一部漁業関係者から、安全性が
確認され次第、自粛範囲を縮小するよう求める声が出ていた。

一方で、風評被害を恐れる北海道東部の水産加工業者らは逆に規制強化を
求めており、「北海道サンマ産地流通協議会」は6日、同原発から
100キロの宮城県金華山より南の海域でとれたサンマの水揚げを
拒否するよう道東部の市場に要望していた。

◎社団法人 全国さんま棒受網漁業協同組合(全さんま)
http://www.samma.jp/

米軍でさえ80キロ圏内に入れなかった海域であることからも当然の結果である。

投稿: 瀬戸の桃は大丈夫 | 2011年10月 8日 (土) 14時04分


> 米軍でさえ80キロ圏内に入れなかった海域であることからも当然の結果である。

事故直後の状況が良く判らなかった時の判断と現在の状況下での判断を比べることに意味があるのでしょうか。

投稿: | 2011年10月 9日 (日) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52934258

この記事へのトラックバック一覧です: 10世代もあとのこと:

« 完全を求めて | トップページ | 京都議定書は茶番でした »