« 円高は輸出産業以外にも影響する | トップページ | 一揆? »

2011年10月27日 (木)

普天間移転は負担軽減だと思います

普天間移転は負担軽減だと思います

沖縄タイムス 社説:[米国防長官来日]泥沼化させるつもりか
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-10-26_25224/

在日米軍の飛行場は本土に横田(東京)、厚木(神奈川)、三沢(青森)、岩国(山口)があるが、二つも抱えている自治体は沖縄のほかにどこにもない。

飛行場を減らすのならまだしも、辺野古への移設が「在沖米軍の影響を低減させる」(パネッタ氏)、「最も大きな軽減策」(一川氏)というからあきれ返る。沖縄の実情を知らない者の言葉である。普天間の代わりに辺野古に、機能強化した最新の飛行場が建設されるのである。約1800メートルの滑走路が2本のV字形である。どこが負担軽減なのかとても納得できない。

しかも安全上の問題をはらむMV22オスプレイが配備されるのだ。

沖縄の負担が大きいことには同意なのですが、基地が普天間から辺野古へ移転することやオスプレイの配備は負担軽減だとは思うのです。

   *        *        *

沖縄タイムスは社説で最新の飛行場が建設されることをもって、負担軽減ではないとしていますが、負担とは施設の新旧や機能で計るべきものではなく、周辺住民が基地や米軍の活動で受けるもので計るべきではないでしょうか。

辺野古へ移転すれば、飛行経路の陸上の部分は減少します。そうすれば騒音被害は減少します。事故の被害の可能性も減ります。滑走路が2本になって、機能が向上することと、住民の負担は別な話です。

それとMV22オスプレイを配備しなければ、老朽化しつつある現行機種を使いつづけることになります。

   *        *        *

沖縄の負担は、周辺住民の受ける被害で計るべきです。それを沖縄タイムスを気にするべきです。

基地の機能向上について心配するのは「仮想敵国の軍隊」に任せてしまいましょう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 円高は輸出産業以外にも影響する | トップページ | 一揆? »

コメント

国防意識から米軍基地を誘致できないのが大政翼賛会の欺瞞である。

かつて半島文化で潤っていた日本に今、向かうべきであろう。
http://www.youtube.com/watch?v=N6EOU-cKUwU&feature=related

投稿: 日本語は古代朝鮮語の方言である | 2011年10月28日 (金) 14時56分

釣り針が大きすぎて食べられません。

投稿: | 2011年10月28日 (金) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53093492

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間移転は負担軽減だと思います:

« 円高は輸出産業以外にも影響する | トップページ | 一揆? »