« 北朝鮮が反応するもの | トップページ | 乾物は「より安全」かも »

2011年10月 9日 (日)

人目を気にするタマか?

人目を気にするタマか?

毎日新聞:クローズアップ2011:「ポスト京都」合意絶望的 交渉、進む「日本外し」
http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20111009ddm003040107000c.html

さらに、来年に大統領選がある米国や、指導部が交代する中国という「2大排出国」にも配慮している。

気になる対策の失速だが、大幅な減速はないとの見方が多い。

というのは、米国を含めた先進国は、カンクン合意に基づき13年以降、2年ごとに自国の排出量を記した報告書を条約事務局に提出する。途上国も自国の削減行動などを盛り込んだ情報を2年ごとに提出。対策を怠れば、それが各国に知られるという圧力になる。

CO2排出削減の前進はないと私は予想しています、毎日新聞は「大幅な減速はないとの見方が多い」と言っていますが。

何故なら、最大の排出国であり今後も増大が予想される国である中国が対策しないだろうからです。中国が「対策を怠れば、それが各国に知られるという圧力になる」といった程度のことで、排出を抑制できるでしょうか。そして、中国が抑制しないなら、他の国が抑制したとしても、世界全体として意味ある抑制と言えるのでしょうか。

当面、CO2排出削減の前進はないでしょう。

  *        *        *

CO2排出の抑制に人間は失敗したのではないか。失敗したとしたら私達はどうするべきかを考えるべき時に来ているのではないでしょうか(CO2排出の抑制に失敗しても世界は続きますから)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 北朝鮮が反応するもの | トップページ | 乾物は「より安全」かも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/52944525

この記事へのトラックバック一覧です: 人目を気にするタマか?:

« 北朝鮮が反応するもの | トップページ | 乾物は「より安全」かも »