« へっ99%? | トップページ | 普天間固定化を直視せよ »

2011年10月25日 (火)

良くしようとして悪くなる?

良くしようとして悪くなる?

NHK:職場 メンタルヘルス対策義務化へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111024/t10013472671000.html

仕事上のストレスが原因でうつ病などになる人が増えるなか、厚生労働省は事業者に対し、すべての従業員にストレスに関する検査を受けさせるなどのメンタルヘルス対策を義務づけることを決め、今の臨時国会に法律の改正案を提出することになりました。

いえ、全体としては良い結果なるかも知れないとは思うんですよ。でもね、このニュースを聞いたときの最初の印象は、「こころまで、会社が管理するのかよ」でした。

診断する医師や病院と企業の間に、情報の壁がきちんとあれば良いし、ちゃんとした病院やちゃんとした企業なら、従業員のプライバシーを守るだろうけれどね、そういった信頼関係が会社と従業員の間にあれば良いけど。

ただでさえ、会社は従業員のプライバシーを知っている。労働と賃金の交換なら知る必要の無い家族構成やその収入まで知っている(税金や保険があるから「必要なこと」ではあるけれど)。これも総務部や人事部がきちんとしていれば、大丈夫だけど、家族に何かあった時に会社に知られてしまう事だけでもストレスなんじゃないだろうか。

それに加えてメンタルな状態まで会社に知られてしまうかもしれない。

義務づけられたストレスに関する検査がかえってストレスになる割合はどれくらいでしょうか。

   *        *        *

会社は機能集団か共同体か。

   *        *        *

会社が従業員の面倒を見る。いろんなケアをする。それは良いことなんだけど、一方で素直に歓迎できない自分もいます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« へっ99%? | トップページ | 普天間固定化を直視せよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53078466

この記事へのトラックバック一覧です: 良くしようとして悪くなる?:

« へっ99%? | トップページ | 普天間固定化を直視せよ »