« 「家計管理能力が低い」 | トップページ | 女性天皇よりも皇籍復帰を »

2011年11月25日 (金)

「失敗するバス」からどうやって降りるか

「失敗するバス」からどうやって降りるか

中日新聞 社説:温暖化対策 空白期間はつくれない
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2011112502000013.html

国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は今月開いた総会で、温暖化の影響で極端な異常気象の危険性が高まったと、警告を発した。私たちはその恐れを強く感じているはずだ。

COP17で日本が発言力を維持するためには、「25%削減」の看板を、まだ下ろすべきではない。

効果に乏しい単純延長には反対だ。だからと言って空白期間はつくれない。せめて新枠組みの合意期限と段取りを決めておかないと、地球の未来が危うくなる。

「バスに乗り遅れるな」という言葉がある。温暖化対策、少なくとも現在の温暖化対策は「失敗するバス」だろう。中国やアメリカと言った温暖化ガスを大量に出している国の自己中心的な性格を考えると、自己犠牲を払ってまで行うとは思えないから。

いまの日本の課題は「日本が発言力を維持する」などではなく「失敗するバスかから、どうやって降りるか(あるいはバスが進まないように、そっとブレーキをかける)」と言うことではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「家計管理能力が低い」 | トップページ | 女性天皇よりも皇籍復帰を »

コメント

炭酸ガスが温暖化の犯人だと言う説はどの位確かなのか。それが未だ分らぬ内に炭酸ガスの排出量規制を云々するのは全く馬鹿げている。政治的な思惑から先ッ走ったオッチョコチョイ国の尻拭いをするのは止めて、日本は議論の高見見物をして居ればよい。

投稿: rikuryo57 | 2011年11月25日 (金) 11時38分

福島県は25日、福島市大波地区(旧小国村)で今年生産されたコメを対象に22日から始めた全量調査で、
調査対象の864袋(1袋は30キロ入り)のうち131袋から、国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を
超える放射性セシウムが検出されたと発表した。
 同地区で今年生産されたコメは市場に流通していない。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111125-00000115-jij-pol

投稿: 福島農産物安全神話の崩壊 | 2011年11月25日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53328330

この記事へのトラックバック一覧です: 「失敗するバス」からどうやって降りるか:

« 「家計管理能力が低い」 | トップページ | 女性天皇よりも皇籍復帰を »