« 野田さんもここまで? | トップページ | (ほとんど)非武装だったから »

2011年11月 8日 (火)

掛け声で社会が変わるなら

掛け声で社会が変わるなら

毎日新聞:中国:2歳ひき逃げ18人素通り 「薄情社会から転換を」
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20111108k0000m030125000c.html

「見死不救(死にそうな人を助けない)行為を罰すべきだ」。中国広東省仏山で先月13日、ひき逃げされた2歳女児の横を市民18人が素通りし、女児が死亡した事件を受け、中国社会で道徳心の回復を訴える声が高まってきた。発展一辺倒でまい進する一方、鉄道事故などの対応をめぐり国際社会から「人命軽視」と批判される中国。小さな命を見捨てた今回の事件をきっかけに、若者を中心に「薄情社会からの転換」を求める声が上がり始めている。

社会の雰囲気はスローガンに表われる。しかし、スローガンで社会の雰囲気で変わるかどうかは難しい。社会が転換点に差し掛かっていたとき、一歩、背中を押したり切掛を作ったりすることは出来るだろうが、社会の流れを押し戻すようなことは出来ない。

「若者を中心に『薄情社会からの転換』を求める声が上がり始めている」

声が上がることは、転換したいという希望を示すけれど、実際に変わるかどうかは難しいだろう。まずは社会正義が行われているという信頼感がなければ個々人が過剰に自己防衛に走ってしまい「薄情社会」からの転換なんて出来ないだろう。

社会正義が行われているという信頼感(あるいは国家や社会に対する信頼感)、これが一番むつかしいのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 野田さんもここまで? | トップページ | (ほとんど)非武装だったから »

コメント

昭和六十一年(一九八六年八月、衆議院内閣委員会で後藤田正晴官房長官が、東京裁判について「サンフランシスコ対日平和条約第十一条で、国と国との関係において裁判を受諾している事実がある」と述べ、東京裁判の正統性を認めることが政府の統一見解であるとの考えを表明した。

まず、真珠湾攻撃でさえ、宣戦布告せず国際法を無視した攻撃であり、その真珠湾攻撃も知らされなかった天皇が無条件降伏を宣言した真実を受け入れないから、天皇ばんざい、靖国で会おうと言って米国に殺され特攻達の眠る場所に天皇も首相も参拝できない事実をすべて歪曲して特亜のみの責任するのが価値観こそ、大政翼賛会史観である。

だから、日中平和条約などの外交で常に日本は戦争主導者の責任を認めて、国連脱退というかつてどの国もできなかった行為すら綺麗さっぱり忘れて「死んだら皆神様」と何でも水に流す欺瞞の大政翼賛会史観は、国際法の判決を米国が作った国内法で無罪という責任放棄することで、世襲利権性と官僚性を維持することだけを考えてきた自民党の負の遺産だよね。

国内法を上回る治外法権を米国に与え、自民党を世襲利権性で誰でも、生まれで総理になれ、しかも津波で事故が起こったと国際機関に報告して、福島第一原発事故を生み出し原発安全神話というデマの風評をまいたもの達を原発利権で利用した責任すら自称保守が推してきた自民党は責任放棄した。

そして、東北の農民まで農産物の賠償金をたかることを阻止させるために、チェルノブイリの二の舞を繰り返したいことから、科学的証拠もないまま農産物の安全基準を緩和して、その農産物を食べた者が10年後白血病になる確率をあげようとしているのだからもう救いようがないレベルと判断します。

政権復帰できるメドのない自民党に、国税の半分以上を収めている経団連の中国からの撤退と、ロシアまで北方領土問題に日本が異議申せないようにさせ、かつて自己都合で台湾との国交を断交させたのだから、特亜諸国とも国交断交切に自民党に頼んでおけば、想定内事故だと想定内の欺瞞に過ぎない売国行為として笑いものにしてあげましょうか・・

投稿: 真実 | 2011年11月 8日 (火) 08時23分

在韓米軍内にもギャング構成員…「犯罪活動できるよう意図的に入隊」

米国の組織暴力団のギャング構成員が在韓米軍をはじめとする在外米軍内で活動していることが
確認された。

米連邦捜査局(FBI)国立ギャング情報センター(NGIC)は最近発刊した「2011ギャング脅威評価
および新しい傾向分析」報告書で構成員が米軍に入っているギャングが53組織に達すると明らかに
した。

53組織の中には韓国系組織の「コリアンドラゴンファミリー」も含まれている。

FBIはギャング構成員が服務を終えたり現在服務中の海外駐屯地として、アフガニスタン、ドイツ、
イラク、イタリア、日本とともに韓国を挙げた。ギャング構成員は米陸軍と海軍、海兵隊、予備軍、
州防衛軍など軍組織の要所要所に入ってきていると調査された。

報告書は、「ギャング生活から抜け出したくて入隊する場合も少なくないが、武器や麻薬密輸など
犯罪活動をより容易にできるよう領域を拡張するために意図的に米軍に入ってくる場合もある。軍に
入り込んだギャング構成員は部隊配置と服務地変更などを利用して国内だけでなく国際的にまで
新しい地域に影響力を拡大している」と説明した。

また、「軍に支給される武器を狙ったり戦闘技術を習得した後で組織に戻り犯罪に利用しようとす
る組織もある」と付け加えた。


ソース:中央日本語版 2011年11月08日10時41分
http://japanese.joins.com/article/350/145350.html?servcode=A00§code=A20

投稿: 在韓米軍基地を日本に移設を | 2011年11月 8日 (火) 23時03分

あいつらスローガンが好きだからな
意味も効力もないけど

投稿: held | 2011年11月 9日 (水) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53191395

この記事へのトラックバック一覧です: 掛け声で社会が変わるなら:

« 野田さんもここまで? | トップページ | (ほとんど)非武装だったから »