« どうしようもない、鬱だ | トップページ | 日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない »

2011年11月28日 (月)

橋下さんの勝利が意味するもの

橋下さんの勝利が意味するもの

毎日新聞 社説:大阪ダブル選挙 既成政党圧した橋下流
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20111128k0000m070123000c.html

大都市制度の在り方などをめぐって争われた大阪ダブル選挙は、大阪市長に橋下徹氏、大阪府知事に松井一郎氏が当選した。橋下氏が代表を務める「大阪維新の会」が両ポストを占め、有権者は既成政党にノーを突き付けた形となった。既成政党はこの結果を深刻に受け止めなければならない。

市長選では「大阪都構想」を訴える橋下氏に対し、それに反発する民主党、自民党が府連レベルで平松邦夫氏を支援し、共産党も出馬を取りやめて支援に回った。府知事選でも大阪維新の会と既成政党の対決となった。

橋下さんに既成政党が束になってかかって戦い、そして大敗しました。

既成政党の活動、業界団体や労働組合の政治活動が機能不全に陥っているのではないかと思わせる結果です。

  *        *        *

私には橋下さんの勝利よりも既存の政治勢力の敗北の方が気になります。何故ならそれは大阪に限ったことではないから。橋下さんは大阪にしかいませんが、既存の政党は日本全国にあります。名古屋市の河村市長の勝利(その後、苦しんでいるようですが)の時に思うべきだったかもしれませんが、既存政党の存在意義、業界団体や労働組合の政治活動が意味を失いつつあるのかもしれません。

非正規雇用の増大は、既存の利権システムから排除された人間の増大を意味します。既存の政治勢力はどうしても既存の利権を守ろうとするものです。

既存の利権システムから排除された人間の増大が、この結果をもたらしたのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どうしようもない、鬱だ | トップページ | 日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない »

コメント

祝!橋下新大阪市長&松井新大阪府知事!!

本当に感慨無量です。
新しい『政治の夜明け』を感じさせ、『希望を抱かせる』選挙結果でした。

今までの『橋下知事の実績』を見る限り、
必ず、大阪の腐敗した行政に鋭く切り込み、
良き方向へと導いてくれる事と思います。

が、しかし・・・、橋下新市長の仰る通り、
「反対勢力=利権屋集団の抵抗」は、これからも続くと思うので、
まだまだ、油断してはいられません。

しかしながら、国民と政治家&マスコミの意識の“乖離”は激しいですね。

橋下氏の「どんな言葉」や「フレーズ」が、国民受けしたのか?等と
スカタンな事を言っていたので、大笑いさせてもらいました。

確かに橋下氏は、舌鋒鋭い話し方をされますが、
そんな事を面白おかしく評価して、橋下氏に投票した大阪市民はいません。

どんなに舌鋒鋭く、華やかな口上を述べても、
橋下氏が、大阪府知事の間に、どんな実績を積んできていたかを
大阪市民は鋭く観察し、評価していたからです。

だからこそ橋下氏、そして彼率いる「維新の会」に“軍配を上げた”のです。

実際、橋下氏は、『有言実行の人』であったし、
驚くほどの猛スピードで、10年以上の赤字を『黒字』に転換し、
次々と、国民の利益となる“マトモな行政改革”を行いました。

それだけでも十分なのに、
未来の子供達の教育改革も行い、子供達が誇れる国や府にしようと、
「腐敗した日教組」にも鋭くメスを入れ、戦ってくれました。

きっと大阪の人達は、「そうだ!そうだ!」と溜飲を下げた事と思います。

何より橋下氏の素晴らしいところは、
『シッカリとした国家戦略』があり、府や国を発展させる為には、
「何をすべきか」をキチンと理解し、
それを遂行できる『強い意志』と『実力』があるという事です。

実際、橋下氏は辣腕弁護士として、年収3億円を稼ぐ人だったからか、
その『抜群の経営能力』をフルに発揮して、
大阪の企業がより発展できるように、雇用をより促進できるように、

『大阪都構想』・『カジノ構想』・『無駄な二重行政廃止』・『関西のハブ空港化』に尽力を注いでくれているのが、よく分かります。

そして実際、どれもこれも、みな『大阪が発展できる計画』ばかりです。

反対に、国の政権を司る与党・野党の政治家&官僚らは、
国民の税金を巻き上げて、「政策の失敗の穴埋め」するしか能が無く、
間違っても、世界の腹黒政治家を相手に、互角に戦って、
日本に『有利なビジネス』を展開出来る能力など“皆無”!!

むしろやられっ放し!!
負けっぱなし!!!

「国民を欺き騙す術」には長けていても、
世界の腹黒政治家らを相手にした時は、
まるで「ヘビに睨まれた蛙」のように、
身動き一つできずに、いつも喰われるばかりの能無し政治家や官僚達。

国民は、もういい加減、“ウンザリ”していたのだと思います。

そんな『ガッカリするような日本』にあって、
橋下氏の国民に利益のある行政改革は、
国民に大きな希望を抱かせてくれたのだと思います。

これから益々大変になると思いますが、
市民・府民も一致団結して協力し、戦って行くので、
橋下氏や維新の会の人達も、どんな困難にも挫けずに、頑張って頂きたいと思います。

投稿: 椿 | 2011年11月28日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53353215

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下さんの勝利が意味するもの:

« どうしようもない、鬱だ | トップページ | 日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない »