« 甲状腺ガンも増えないだろう | トップページ | 選挙権の年齢・成人になる年齢 »

2011年11月19日 (土)

方向転換できるかしら

方向転換できるかしら

47NEWS:代表選で外国人党員ら投票認めず 民主調整、憲法抵触を考慮
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111901000485.html

民主党はこれまで永住外国人への地方選挙権付与を検討するなど、在日外国人の政治参加に積極的に取り組んできた経緯があり、党内外から異論も出そうだ。

民主党規約は、在日外国人が党員やサポーターになれると明記。党代表選規則は党員とサポーターの両方を代表選の「有権者」と規定している。

民主党が党代表選の投票から在日外国人を排除しようとしているそうです。それ自身は歓迎するのですが、本当に出来るのでしょうか。引用した記事にあるように民主党は「在日外国人の政治参加に積極的に取り組んで」きました。それに、これまで選挙権を認め党費を(お金を)集めていた訳ですよね。在日外国人の党員・サポーター側から見ると、政策変更であるのに加え、お金を払ったのに権利を剥奪される訳で、納得なんかしないでしょう。

   *        *      *

民主党の方向転換したいという動きを歓迎しますが、一悶着あるのは確実なので(やや野次馬気分もありますが)注意しておきたいと思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 甲状腺ガンも増えないだろう | トップページ | 選挙権の年齢・成人になる年齢 »

コメント

 東京電力福島第1原発2号機で、原子炉格納容器下部の圧力抑制プールが地震の揺れで早期に損傷したか、劣化した
可能性が高いとする解析結果を19日までに、原子力安全の専門家がまとめた。

 東電は、地震による原子炉の明らかな損傷はなく、津波による電源喪失が事故原因との立場。揺れで損傷していれば、
福島第1と同様に従来の耐震基準が適用されている他の原発への影響も必至だ。東電や政府の事故調査・検証委員会の
調査結果が注目される。

 解析したのは日本原子力研究開発機構の元研究者で、社会技術システム安全研究所(茨城県ひたちなか市)の田辺文也
所長。

ソース(共同通信) http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111901000630.html

投稿: 津波で原発事故が起こったはデマであった | 2011年11月20日 (日) 02時58分

インドネシアを訪問している野田総理大臣は、日本、中国、韓国の3か国の首脳会談を行い
、共同研究の段階にあるFTA=自由貿易協定の高いレベルを目指した交渉開始や投資協定
の年内合意に向けて、協議を加速させることで一致しました。

野田総理大臣と中国の温家宝首相、韓国のイ・ミョンバク大統領の3カ国の首脳会談は、
訪問先のバリ島で行われました。この中で野田総理大臣は、現在、日中韓で共同研究を進め
ているFTA=自由貿易協定について「産官学による共同研究を年内に終了させて、高い
レベルの交渉開始に合意することを目指していきたい」と述べました。そのうえで「日中韓
の投資協定は交渉に4年を費やし、かなり交渉が煮詰まったところまで来ている。ぜひ年内
の実質合意が可能となるように、関係者の協力を強く求めたい」と述べました。これに対し
て中韓両国の首脳も同意し、FTAの高いレベルを目指した交渉開始や投資協定の年内合意
に向けて、協議を加速させることで一致しました。また野田総理大臣は、北朝鮮への対応に
ついて「ウランの濃縮活動の即時停止を求めていく必要がある。北朝鮮の真剣な意思が具体
的な行動によって示されることが極めて重要だ」と述べたうえで、拉致問題の解決に向けて
、中韓両国の首脳に引き続き協力を要請しました。

ソース:NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111119/t10014072061000.html

投稿: 東京裁判史観から受け入れ決定 | 2011年11月20日 (日) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53283765

この記事へのトラックバック一覧です: 方向転換できるかしら:

« 甲状腺ガンも増えないだろう | トップページ | 選挙権の年齢・成人になる年齢 »