« 橋下さんの勝利が意味するもの | トップページ | 理解出来ないのが当たり前だ »

2011年11月28日 (月)

日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない

日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない

しんぶん赤旗:「反独裁」の共同の広がり、今後のたたかいの土台に 大阪ダブル選 市田書記局長が会見
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-28/2011112801_03_1.html

最終的な結果はまだ出ていませんが、「反独裁」「大阪の民主主義を守れ」という立場から知事選挙では梅田さんの勝利をめざし全力を挙げましたし、市長選挙では大胆な決断で「反独裁」の一点で平松さんを自主的に応援しました。非常に短期間に「反独裁」の一点での府民的な共同が広がったことは、これからのたたかいの土台を築いたものとして非常に貴重だと考えています。

今回の大阪の選挙で、橋下さんへの批判として「独裁」という言葉が使われました。また、「民主主義を守れ」とも言われたようです。でも、橋下さんは「選挙しないでも権力を維持できるようにしよう」と言った訳ではありませんよねぇ。

そんな相手に「独裁者!」と言ってもピンときません。

  *        *      *

政治家が強引に物事を決めようとすると「独裁者!」という批判されますが、単なる罵倒にしか聞こえません。強引に物事を決めることのできる政治家は、少なくとも現代日本にあっては、民意を得ている政治家です。

橋下さんしかり、また小泉元首相や中曽根元首相などもそうです。

そういった政治家に「独裁者!」と言っても一般庶民にとっては「自分達の好きな政治家の悪口を言った」にすぎません。

  *        *      *

日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎないんじゃないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 橋下さんの勝利が意味するもの | トップページ | 理解出来ないのが当たり前だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53357678

この記事へのトラックバック一覧です: 日本において政治家への「独裁者!」とは単なる悪口にすぎない:

« 橋下さんの勝利が意味するもの | トップページ | 理解出来ないのが当たり前だ »