« 就活の気持ち悪さ | トップページ | 遊びをせんとや »

2011年11月27日 (日)

部落差別は終わったか?

部落差別は終わったか?

NEWSポストセブン:橋下徹氏生家近くの女性「彼がここで育ったことを誇りに思う」
http://www.news-postseven.com/archives/20111123_71605.html

人いうのはむごいもんでんなあ、あんた。まあ少しずつ良うなってきたが。いまも差別あるで。これをなんとしても、なくさなあかん。

そうや、あっこの橋下5 件はんの住んだ団地は変わっとらんわな。ここへ選挙応援に来たとき、解放同盟のこと、ここの出身やいうこと、母校のこというてな。肌で被差別を体験した知事や。わたいは橋下さんがここで育ったいうことを誇りに思うてます

アメリカで黒人大統領が誕生したことは、アメリカの黒人差別の歴史にとって、大きな出来事だった。アメリカに人種差別が無くなったとは言わないが、アメリカの有権者の多くは、オバマが黒人であることを理由に忌避しなかった。これは大きな出来事だと言える。

橋下さんが被差別の地区の出身であることが報道された。情報を流した側の思惑は判らないけれど選挙情勢に大きな影響は無かったようだ。

今日は投票日だ(まだ投票は始まっていないけれど)。実際の投票行動に彼が被差別の地区の出身であることが影響を与えるかどうかは判らないが(投票した人本人に聞いても判らないだろう)、橋下さんが多数の票を集めたとしたら、投票した人達にとっては、「気にしなかった」か「にも関わらず」か判らないけれど、被差別の地区の出身であることが大きな問題ではない(特別視されない)事を示すことになる。

これはオバマ大統領が誕生した事と同じぐらいと言うと大袈裟かもしれないが、部落差別の歴史にとってひとつの出来事であることは間違いないだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 就活の気持ち悪さ | トップページ | 遊びをせんとや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53343360

この記事へのトラックバック一覧です: 部落差別は終わったか?:

« 就活の気持ち悪さ | トップページ | 遊びをせんとや »