« やっちゃったもん勝ち? | トップページ | 天皇陛下の民であるかぎり »

2011年11月21日 (月)

見せる警備・見せない警備

見せる警備・見せない警備

北海道新聞 社説:ステルス機 専守防衛に必要なのか
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/333020.html

調達には欧米の3機種が応募した。この中で米国など9カ国が共同開発するF35が最有力と見られている。レーダーに探知されにくいステルス性能に優れているためだ。

しかしステルス機能はレーダー網をかいくぐって敵基地を攻撃するためのものだ。専守防衛をうたう日本の自衛隊に必要なのか。

警備には2種類あそうです。見せる警備と見せない警備。見せる警備は「制服をきたイカツイ警備員が『見張っているゾ』とする」タイプのもの。見せない警備は、いるかいないか判らないけどしっかり警備しているタイプ。

ハッキリと敵に見える戦闘機は「見せる警備」に使える。ステルス戦闘機は見せない警備に使える。

防御側にステルス戦闘機があると攻撃側は用心深くならざるを得ない。だって、守っていないと思って踏み込んだら突然でてきてボコボコにされるかも知れないから。攻撃側が用心深くなる躊躇する、そして開戦を躊躇う止める、結果として平和が保たれるとしたら、良い事なんじゃないでしょうか。

   *        *       *

「ステルス機能はレーダー網をかいくぐって敵基地を攻撃するためのもの」というのは見方が単純にすぎると思います。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« やっちゃったもん勝ち? | トップページ | 天皇陛下の民であるかぎり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53294645

この記事へのトラックバック一覧です: 見せる警備・見せない警備:

« やっちゃったもん勝ち? | トップページ | 天皇陛下の民であるかぎり »