« TPP交渉参加の不安要因 | トップページ | 韓流よりも心配なこと »

2011年11月13日 (日)

しんぶん赤旗は国民に敵対する?

しんぶん赤旗は国民に敵対する?

しんぶん赤旗 主張:自衛隊「転地演習」 市民を不安にさせていいのか
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-11/2011111101_03_1.html

一連の実動演習は「島嶼(とうしょ)部の防衛」が主眼です。自衛隊をどこにでも迅速に投入する「動的防衛力」構想の具体化です。南西地域での実動演習はアジア近隣諸国との緊張を高めます。戦車や装甲車が公道を走行し市民を恐怖に陥れることにもなりました。自衛隊の横暴勝手な軍事行動を見過ごすわけにはいきません。

「自衛隊の横暴勝手な軍事行動」

自衛隊の演習が住民の負担にならないとは思いません。戦車は大きいし、公道を走れば五月蝿いし道路も痛むでしょう。「市民を恐怖に陥れる」とは思いませんが負担であることは認めます。

しかし、そういった事を差し引いても、主張を信用出来なくなることが書いてあります。それが「自衛隊の横暴勝手な軍事行動」という表現です。

自衛隊は国民主権の下に選ばれた総理大臣の指揮下にあります。自衛隊は国民の指揮下にるとも言えるのです。そして今回の演習も自衛隊が勝手に行っているものではありません。国民の代表に承認されて行っているのです。その行動を横暴勝手と言うなら国民が横暴勝手なのです。

  *        *        *

共産党は、目先の戦車だけ見て、国民を横暴勝手と非難している事に気が付いていないのでしょうか。それと国民に敵対しているのでしょうか。

  *        *        *

細かい表現の重箱の隅を突ついても仕方ないかもしれませんが、物事を表面的にしか捕らえていないように思えましたので批判させていただきました。また、こういった表現を続けている限り、私は日本共産党を支持することはありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« TPP交渉参加の不安要因 | トップページ | 韓流よりも心配なこと »

コメント

他所のコメ欄にこんなこと書いてるアホがいました。

賛成派も反対派も、賛成又は反対する事が目的化してはならないと思います。

中国共産党の謀略は、日本の保守勢力を分断する方向へと動いているかも知れませんよ。
青二才

この青二才というのは、統帥権すら一度も望まずに、ただ米国が言えば、フセインを殺すためにイラクに自衛隊を派遣させることは日本の国益となると考える精神分裂患者でしょう。

いやもしかしたら、ペリーの来航以来、島国鎖国文化で育んできた士農工商史観を肌身離せない大政翼賛会主義では、行くところまで行くしか元に戻れないゆえに、国内法すなわち対米従属史観と国際法である東京裁判史観を自己都合で変えていく国家しか築けないのでしょう。

もう、米国の属国に居座ることを説に望むね。

投稿: 島国に外交は無理であろうか | 2011年11月13日 (日) 11時25分

こういう国賊者もいました。

>わが国の国会ですら論理的な説明をできない野田政権、政府が
国際交渉をこなせるはずもなく。

普天間のツケを払ったつもりかもしれませんが
国内議論おいてけぼりでアメリカのご機嫌取りに奔走する姿は
「トラストミー再び」としか見えないのですがね…
クマー

いつ、郵政民営化の論理的説明を行ったのかな?
グアムに移転する沖縄海兵隊の移転費用は米国に帰属するから保留した鳩山は確かに米国との対等な軍事同盟を目指していたことがわかりました。

投稿: 自民党政権だったらTPPに反対しなかっただけ | 2011年11月13日 (日) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53230892

この記事へのトラックバック一覧です: しんぶん赤旗は国民に敵対する?:

« TPP交渉参加の不安要因 | トップページ | 韓流よりも心配なこと »