« 移動も訓練です | トップページ | それでもインフレを望む »

2011年11月10日 (木)

「仕事=就職」を変えられないのか

「仕事=就職」を変えられないのか

毎日新聞:生活保護:中年層急増、自立意欲にハードル
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111109k0000e040053000c.html

福岡県出身の男性(52)は塗装業を営み5人の従業員を雇っていたが、不況で受注が減り廃業。ホームレスも経験した。「生活保護のおかげでどん底から抜け出せた。同時に後ろめたい気持ちもある。仕事を見つけて自立したいのに」

8月の研修には59人が参加したが、本採用は1人。今回は当日中に就職が決まった人はゼロだった。

自分も含めてだが、仕事を得る=就職する、と思っている。それ以外の選択肢は考えた事もないという人がほとんどだろう。

でも、なんで個人で出来る仕事というものが無いのだろうか。

  *        *        *

働くということが企業を通してしか行えないのはおかしい。

企業というものの存在意義は認める。ある程度の規模をもった企業の方が個人よりも安心だから仕事を頼みやすいし、効率が良いことも認める。でも、なんで個人で働くという選択肢がないのだろうか(意識しないのだろうか)。

  *        *        *

生活保護の問題点として、費用の他に受給者側の精神状態もある。働く意欲を維持するのが困難というのもある。

個人で出来る仕事、たとえ小額の収入であっても仕事があれば、精神的にもまだましなのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 移動も訓練です | トップページ | それでもインフレを望む »

コメント

フジテレビは6日夜、朝の情報番組「めざましテレビ」のメーンキャスター大塚範一さん(63)が急性リンパ性白血病と診断され、病気休養すると発表した。

フジテレビによると、大塚さんは2日から体調不良で番組を休んでいた。東京都内の病院に入院しており、抗がん剤による化学療法を受ける。先月末、本人が首にしこりのようなものがあるのに気付き、受診した。


                 ↓


ぽぽんぷぐにゃん
https://twitter.com/#!/poponpgunyan/status/133283874808672256
急性白血病になった「めざましテレビ」の大塚範一キャスター。番組内でずっと福島県産の野菜や野菜を使った料理を食べるキャンペーンをやっていたんですね。風評被害払拭、福島を応援するためにだそうですが、う~ん・・・。


竹の秋
https://twitter.com/#!/neneyu/status/133291453437849600
今朝は茨城産の野菜食べてたね…

投稿: 祝 | 2011年11月10日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53205687

この記事へのトラックバック一覧です: 「仕事=就職」を変えられないのか:

« 移動も訓練です | トップページ | それでもインフレを望む »