« タテマエ・理想・原理主義 | トップページ | いつの時代ですか? »

2011年11月30日 (水)

超小さい数字が出るでしょう

超小さい数字が出るでしょう

朝日新聞:学校給食、まるごと検査 放射性物質で千葉市が方針
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201111220161.html

新方式では、1週間分の給食を保存し、まとめてミキサーにかけて放射線を測定することを検討している。微量でも検出できる機器を持つ外部機関に測定は委託する方針で、実際に1人前を食べると、どのぐらいの放射線量になるかを把握できるという。

部分的に数百ベクレルの食材が混ざってしまう可能性は否定できませんが、そんな食材がたくさんあるとは思えません。そして、その僅かばかりの食材が1週間分の食材に混ざっている状態で計測する。すると、検出限界以下で不検出になるか、あるいは検出されても極めて低い数値になるでしょう。

  *       *       *

でも、不検出や極めて低い値であったとしても、納得しない人は納得しないでしょう。彼等の不安は放射能伝々にあるのではなくて「(社会が・自分が・子供が)完璧ではない」こよによるような気がします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« タテマエ・理想・原理主義 | トップページ | いつの時代ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53369519

この記事へのトラックバック一覧です: 超小さい数字が出るでしょう:

« タテマエ・理想・原理主義 | トップページ | いつの時代ですか? »