« 愚民 | トップページ | TPPに反対と言うより自由貿易に反対なのですね »

2011年11月 6日 (日)

資格

資格

毎日新聞:玄海原発:4号機の再稼働中止を要求 市民団体が九電などに申し入れ /佐賀
http://mainichi.jp/area/saga/news/20111105ddlk41040481000c.html

古川康知事あての申し入れ書では、九電が再稼働で地元の事前了解も県議会の意見も求めていないことを「県民の気持ちを無視するもの」と指摘。九電の眞部利應社長に対しては「4号機のミスは九電に原発を運転する資格があるのかを疑わせる」と訴えた。

九州電力に原発を運転する資格があるのかどうか、それを疑い考えるなら、私たち自身に電気を使う資格があるのだろうかも考えてみたらどうだろう。

そもそも私達には文明を作る資格があったのだろうかとまで考えると妄想爆発ですが、資格があろうが無かろうが、私達は電気(エネルギー)をいっぱい使った生活を手放せない以上、原子力か化石燃料か、どちらにせよ公害問題・環境問題を引き起こしかねないものを使わざるを得ないのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 愚民 | トップページ | TPPに反対と言うより自由貿易に反対なのですね »

コメント

東京電力福島第1原発2号機で放射性キセノンが検出された問題で、福島県は4日、
情報提供が遅かったとして東電に厳重抗議した。キセノンが検出されたのは1日午後3時過ぎ。
東電は2日午前2時48分から核分裂を抑えるホウ酸を注入し始めたが、
県に連絡があったのは2日午前1時半ごろだった。

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/11/04/20111105k0000m040102000c.html

投稿: A級戦犯を国内法で無罪にしてもらった結果 | 2011年11月 6日 (日) 19時56分

政府・民主党内で武器輸出三原則の見直しに向けた動きが出ている。わが国の防衛産業の国際的な
成長を促すためにも武器輸出三原則の抜本的な見直しは急務だが、持論をあっさりと引っ込めるのが
お得意の野田佳彦首相のことだから、ここでも「やっぱり、止めた」ということになってしまうかもしれない。だが、
わが国が自ら手かせ足かせをはめてモタモタしているうちに防衛産業の国際市場に進出を果たしている国が
ある。それが韓国だ。

 今、世界の防衛産業で注目されている問題の一つに米空軍のT-X計画がある。この計画は旧式化した
T-38練習機の後継機を導入しようというものだが、採用機数は最大で500機にもおよび、防衛産業に
とっては巨大な商戦となる。このT-X計画の候補の一つになっているとされているのが韓国航空宇宙産業
(KAI)が開発したジェット練習機、T-50だ。

 米国の財政悪化によって計画そのものが先送りされたり、米国内の雇用確保優先ということから、米国製の
練習機採用に落ち着くということもあり得るが、米空軍の練習機に韓国製のジェット練習機が採用されれば、
韓国にとっては歴史的な快挙になる。

 すでにT-50はインドネシアへの売り込みに成功しており、16機を総額4億ドルで購入することで合意して
いる。韓国はインドネシア以外の東南アジア諸国、中東諸国、東欧諸国へのT-50の売り込みも狙っている。
韓国の売り込みはT-50だけでない。インドネシアとは400トン規模の潜水艦3隻を建造する交渉にも入って
いる。

 もっとも韓国の武器輸出は必ずしも“順風満帆”というわけではない。今年2月にはT-50などの武器購入を
含む経済協力について協議するためソウルを訪問していたインドネシア政府特使団一行の宿泊先にスパイが
侵入したが、見つかってしまい大騒動となった。韓国内の報道では侵入した男女3人は国家情報院の職員と
みられ、インドネシア側の交渉条件などを探るのが目的だった、という。

 また、主砲120ミリ滑空砲を備える韓国国産戦車のK2はトルコとライセンス生産の契約を交わしたが、開発の
遅れなどからトルコから契約内容の一部解消の要求を突きつけられている、といった問題も抱えている。

 ただ、韓国政府は防衛産業の育成を国策として位置づけており、韓国製の家電、乗用車、半導体が海外
市場で大きなシェアを占めるに至ったのと同じように、近い将来、武器輸出国の上位に韓国が躍り出る日が来る
かもしれない。

 今年2月にアラブ首長国連邦のアブダビで開かれた中東・アフリカ地域で最大規模の国際兵器見本市(IDEX)
には韓国からサムスンタレス、ハンファ、KAIなど17社が出展。また、ソウルでも10月に「ソウル国際航空宇宙防衛
産業展示会」が開かれ、31カ国から314社が参加。韓国もT-50や国産ヘリ「スリオン」などを展示し、自らの
軍事技術をアピール。韓国企業は約6億5000万ドルを受注した、という。

(>>2につづく)

msn産経ニュース: 2011.11.6 18:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111106/stt11110618000001-n1.htm

戦後66年、日本が主権を放棄し、原爆に告ぐ想定内の原発事故でもう特亜諸国とは東京裁判史観でのみしか外交が結べなくなってる間に、統帥権と武器輸出を行うことが可能になった韓国は確かに国益を誤っていなかったでしょう。

TPP程度でほざく者など自称保守に過ぎないことだけはよくわかったのは、拉致被害者問題が解決不可能になった原因が自民党の全方位的謝罪外交にあったことも理解できない程度のまさに米国の小学生並みの知性しか持っていないかったことを大政翼賛会史観が証明したからね。

自国の憲法すら米国が作り、その憲法を上回る治外法権を米国に与えていることさえ気づかぬのですから、その国内法で、日本国内のみしか通用しないことでA級戦犯を無罪にした世襲利権自民党はもう取り返しのつかないことをしてしまったのでしょう。

経団連が中国から撤退することはできないのは、戦前、侵略した中国から撤退できないことと同じである。

投稿: 自称保守に外交は不可能 | 2011年11月 7日 (月) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53174895

この記事へのトラックバック一覧です: 資格:

» 資格試験に合格する『非常識な勉強法』☆合格率3%を切る超難関試験を始め452個の資格試験に合格! [お役立ち情報]
公認会計士、国家公務員一種試験など ━━━━━━━━━━━━━━━━━ 合格率3... [続きを読む]

受信: 2011年12月 3日 (土) 19時41分

« 愚民 | トップページ | TPPに反対と言うより自由貿易に反対なのですね »