« 掛け声で社会が変わるなら | トップページ | 金が無い時どうするよ »

2011年11月 9日 (水)

(ほとんど)非武装だったから

(ほとんど)非武装だったから

毎日新聞:発信箱:やさしさと非武=大治朋子(外信部)
http://mainichi.jp/select/opinion/hasshinbako/news/20111108k0000m070122000c.html

沖縄文化の特徴は「やさしさ」と「非武(非武装)」だといわれる。地元の米軍基地周辺を歩いて、改めてそれを感じた。

名護市辺野古の海岸沿いにある米海兵隊基地。その浜辺の金網に色とりどりのリボン数千本が結び付けられ、風になびいている。「基地はいらない」「沖縄は負けない」。一本一本にメッセージが書かれていた。

私は、沖縄は非武装だったから薩摩藩の侵略を防げなかったと思っている。もし戦国時代~江戸時代にかけて琉球王国に強力な軍事力があれば、薩摩藩の統治下に入ることはなかったし明治政府が日本の一部と主張する事もできなかったはずだ。

独立を保つには軍事力が必要で(あるいは他人の軍事力を使う「権威」や「外効力」)、それがない者は独立を保つことができない。琉球王国が薩摩の支配下を受けたことは、その一例だと思う。

  *        *      *

戦国時代や江戸時代と現代では時代が違う。だけど権力者や軍事力を持った国が横暴であることは違いが無い(アフガン・イラク・チベットを見よ)。いま、沖縄や日本のような戦略的に価値のある場所にある国や地域が非武装だったとしたら、琉球王国に起きた事と同じ事が起きるだろう(いや、もっと酷いことが起きるかも)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 掛け声で社会が変わるなら | トップページ | 金が無い時どうするよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53197832

この記事へのトラックバック一覧です: (ほとんど)非武装だったから:

« 掛け声で社会が変わるなら | トップページ | 金が無い時どうするよ »