« やっぱり、お金が無いと、どうにもならない | トップページ | 汚染土壌の送りつけに反対する »

2011年11月17日 (木)

脅す中国

脅す中国

日本経済新聞:米軍の豪駐留に中国反発 「時代に適さない」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E4E2E6968DE3E4E3E3E0E2E3E39F9FEAE2E2E2;at=ALL

これに関連し、中国共産党機関紙・人民日報系の英字紙グローバル・タイムズは16日の社説で「豪州は中国をバカにしてはならない。中国の安全保障を弱体化させているのに、それと切り離して経済協力を進めることはできない。越えてはならない一線がある」と批判した。

中国って日本だけじゃなくオーストラリアも脅すのね。だけど、駐留するアメリカじゃなくて受け入れるオーストラリアに対して文句を言うのは何故だろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« やっぱり、お金が無いと、どうにもならない | トップページ | 汚染土壌の送りつけに反対する »

コメント

http://news.nifty.com/cms_image/news/headline/kyodo-2011111601000948/view-kyodo-2011111601000948-headline.jpg

 東京電力福島第1原発事故で大気中に放出された放射性物質は太平洋を横断して約10日でほぼ地球を一周し、
その結果として半分以上が海洋に落下したとするシミュレーション結果を、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの
研究チームが16日までにまとめた。

 放射性物質のうち、特に放射性セシウムは4月までに70~80%が海に落ち、陸地に降ったセシウムは3割程度と
推定されるという。

 チームの田中泰宙・気象研主任研究官は「福島原発は日本の東の端にあり、3~4月は偏西風で運ばれるため陸地に
落ちる量は少なめで済んだ。しかし海洋はその分、汚染されたはずだ」としている。


ソース:47NWES
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111601000947.html

投稿: 福島の一人責任 | 2011年11月17日 (木) 12時42分

宮城県は16日、県北の栗原市で採取したキノコ類のムキタケから、
食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える
1400ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
同県で農畜産物から規制値超えの放射性物質が検出されたのは、
汚染稲わらが原因とみられる牛肉以外では初めて。

(2011/11/16-19:14)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011111600828

投稿: 弓張月 | 2011年11月17日 (木) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53264271

この記事へのトラックバック一覧です: 脅す中国:

« やっぱり、お金が無いと、どうにもならない | トップページ | 汚染土壌の送りつけに反対する »