« 強制的な介入か、自己責任で放置か | トップページ | もとに戻る »

2011年12月22日 (木)

判っていないことに耐える

判っていないことに耐える

ニコニコニュース:女子高生の9割は「政府・マスコミを信用していない」
http://news.nicovideo.jp/watch/nw167811

また、「福島第一原発事故の実態についての政府の説明はきちんとされていると思いますか?」という質問に対しても全体の9割以上(96人)が「きちんと説明されていない」と答えています。

さらに、「放射線による影響について不安はあるか」という質問にも96%の回答者が「不安がある」と答えており、上記のような政府・マスコミへの不信が、不安感を増大させているともいえる結果となっています。

武田氏は、このような結果となったことの原因について、政府のいうことがコロコロ変わることや、前に言っていたことと違うことを平気で報道することをあげ、「重く受け止めていただきたい」と、政府・マスコミに対して警句を発しています。

原発事故について、政府やマスコミのいうことが「コロコロ」と言うほど変わったとは思っていないのですが。

だって事故は進行中で、どうなるか判らない時点で、でも、とにかく何か話さないといけない、何か報道しないといけない。なら「現時点で」判っていることを話さないといけない、事態が変化するから報道内容も変化しただけだと思っている。

ただ、知ったかぶりはしてたかも知れないけど。

  *        *       *

私達には、判っていないことに耐える能力が必要なのです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 強制的な介入か、自己責任で放置か | トップページ | もとに戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53544554

この記事へのトラックバック一覧です: 判っていないことに耐える:

« 強制的な介入か、自己責任で放置か | トップページ | もとに戻る »