« 寛容では届かない | トップページ | 参政権は一種類が良い »

2011年12月15日 (木)

総量は?

総量は?

毎日新聞:放射性物質:東京・杉並の小学校、芝生シートからセシウム
http://mainichi.jp/select/science/news/20111214k0000m040106000c.html

東京都杉並区の区立堀之内小学校で11月、校庭の芝生の養生シートから毎時3.95マイクロシーベルト(高さ1センチ)の空間放射線量が確認された問題で、区がこのシートを調べたところ、1キロ当たり9万600ベクレルの放射性セシウムを検出した。国は1キロ当たり8000ベクレル以上の放射性物質が検出された焼却灰は自治体が一時保管するよう求めており、区は基準を下回るよう汚染されていないごみを混ぜて焼却し、灰を埋め立て処分する方針。

「1キロ当たり9万600ベクレルの放射性セシウムを検出」

で、総量はどれくらい?

   *       *        *

キロ当たりの値が低くても大量にあれば処理は大変だし、逆に多少高くても微量なら処理は容易です。

学校や公園あるいは公共施設などで放射性セシウムが検出されて報道されることがありますが、どの程度深刻なのか理解するために汚染物質の総量~今回の場合はシートの大きさや重量など~を報道してもらいたいと思います。

単純に1キロ当たりなんとかベクレルと騒ぐだけでは社会の木鐸としてはいかがなものでしょうか。

   *       *        *

ところで、今回の「シート」は校庭に3月から4月にかけて敷かれていたものだそうです。このシートから検出されたセシウムは、もしシートがなければ校庭に降り積もっていたものです。つまり逆に言えば、図らずもこのシートが除染をしてくれたようなものと言えるかもしれません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 寛容では届かない | トップページ | 参政権は一種類が良い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53487576

この記事へのトラックバック一覧です: 総量は?:

» 維新大阪府議団、過半数割れも 朝鮮学校補助金めぐり離脱の動き [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック)を読めば、 橋下徹はコリア系アナーキスト大前研一の忠実なる弟子 「狂人=橋下徹知事」の凄い手法 ①武士道とスポーツ ②丸裸でW杯や五輪という戦場に赴かざるを得ない今…... [続きを読む]

受信: 2011年12月15日 (木) 22時14分

« 寛容では届かない | トップページ | 参政権は一種類が良い »