« 安心なんて無理だという前提に立ちましょう | トップページ | 完全解決ではないけれど »

2012年1月11日 (水)

現役世代は限界にきているのでは?

現役世代は限界にきているのでは?

中日新聞 社説:「思いやる」から始める 民の力を活かそう
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012011002000004.html

長期間払わず強制徴収をせざるを得ない人もいます。日本年金機構の田中章夫・強制徴収企画指導グループ長は「以前は探せば定期預金があったりしたが、今の若い人はクレジットカードの決済日に口座にやっと入金があるのが現状」と明かします。現役世代は制度を支える力を失いつつあります。

1例だけで判断することも出来ないし、不況の影響が大きいとも思いますが、危険な状況ではないでしょうか。

  *        *        *

現役世代の稼ぎ(≒フロー)から支払おうとしても限界があります。年金世代の様々なストックを有効活用しなければならないのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 安心なんて無理だという前提に立ちましょう | トップページ | 完全解決ではないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53708100

この記事へのトラックバック一覧です: 現役世代は限界にきているのでは?:

« 安心なんて無理だという前提に立ちましょう | トップページ | 完全解決ではないけれど »