« だまされるな | トップページ | 労働者として勝利し、聖職者として敗北した »

2012年1月17日 (火)

何故、民主党への政権交代を忘れる?

何故、民主党への政権交代を忘れる?

東洋経済オンライン:橋下さん(徹・大阪市長)は何もできない、それでも投票する有権者——内田樹・思想家
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/154f6fb4371d54daf79b8ece11945633/

大阪ダブル選挙は、2005年の郵政選挙を思い起こす。郵政民営化とは何なのか、よくわからずに「既得権益にしがみつくやつらから剥ぎ取れ」ってことで剥ぎ取ったけど、誰にも何の分け前もこなかった。それが今度は大阪都構想。争点になったけど、やはりよくわからなかった。

橋下さんと小泉さんを比べるのは理解できます。しかし、良く判らないまま「既得権益にしがみつくやつらから剥ぎ取れ」って騒ぎなら、2年半前の政権交代の前の自民党政権末期に起きたことも同じだと思います。

あのことろの有権者、特に民主党に投票した有権者は、いまの民主党政権を予想したでしょうか。「何もできない」民主党政権を予想したでしょうか。民主党の掲げたマニフェストを判っていたでしょうか。

  *        *        *

橋下さんと小泉さん、個人同士を比較したくなるのは判ります。しかし、軽い躁状態であることや既得権益への攻撃であること、つまり民衆の状態という意味では、政権交代前後も同じ、違いは民主党政権はあまりに無能で馬脚を顕すのが早すぎたということくらいですか。

  *        *        *

私には、内田樹さんが民主党政権への政権交代を(例のひとつとして)挙げなかった理由が判りません。小泉さんより最近のことですし、現在進行形のことですのにね。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« だまされるな | トップページ | 労働者として勝利し、聖職者として敗北した »

コメント

だから何?この記事何が言いたいの?

投稿: | 2012年1月19日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53761807

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、民主党への政権交代を忘れる?:

« だまされるな | トップページ | 労働者として勝利し、聖職者として敗北した »