« 忘れてほしい | トップページ | 自由を言いながら »

2012年1月30日 (月)

全国2位じゃなかったっけ

全国2位じゃなかったっけ

しんぶん赤旗:見えた 橋下市長の危険な本質 山下参院議員、識者らが批判 民放のテレビ討論会 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-01-29/2012012904_01_1.html

橋下氏は「大阪の子どもたちの犯罪率は全国一ルールすら守れない先生が、生徒にルールを守れといってもきくわけがない」「議会が決めたルールに、教員が自分たちの思想・良心で違反していいのか」などと発言しました。

「大阪の子どもたちの犯罪率は全国一」

ちょっと古いですが、触法少年の数は日本一ですけど、人数での比率では福岡市の方くなかったでたっけ(乱読雑記:大阪府は人間教育に成功しているか)。

ところで、この発言に対して以下のような反論があったそうです。

これには出演者がいっせいに反論。薬師院氏は「府議選挙で(府議会で強行した『君が代』強制条例の)公約はなかったじゃないか」と批判しました。精神科医の香山リカ氏は「先生が『君が代』を立って大きな声で歌ったら子どもの犯罪率が本当に下がるのか」、自民党の柳本市議も「国旗・国歌は尊重すべきだが、それを条例で強制するのはいかがなものか」と批判しました。

君が代に呪術的な力がある訳ではありませんから「先生が『君が代』を立って大きな声で歌ったら子どもの犯罪率が本当に下がるのか」と言うのはピンと外れな反論です。橋下さんの論点は、決めたルールにしたがわなくてはならないと言うことです。橋下さんの「ルールすら守れない先生が、生徒にルールを守れといってもきくわけがない」に対する反論に全然なっていません。

  *        *        *

公務員が有権者の選んだ首長に従わなくて良いのなら、公務員は一般有権者よりも高い地位にある特権階級になってしまいます。共産国家ではそれで良いのかもしれませんが、日本は民主国家です。

  *        *        *

この手の議論を読んでいると、昔、左翼勢力を「革新」と言っていたのは何だったんだろうと思います。香山リカさんは現状維持を望んでいて、革新勢力であるハズの共産党も現状維持を望んでいるように見えます。いつのまにか「革新勢力」は「守旧派」になってしまいました。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 忘れてほしい | トップページ | 自由を言いながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53864942

この記事へのトラックバック一覧です: 全国2位じゃなかったっけ:

« 忘れてほしい | トップページ | 自由を言いながら »