« 最悪のケースに思うこと | トップページ | 自分達がしてきたことじゃん »

2012年1月22日 (日)

民主国家の枠組みを無視するのでしょうか

民主国家の枠組みを無視するのでしょうか

読売新聞:アイヌ民族党が発足
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20120122-OYT8T00031.htm

06年の道調査では、道内のアイヌ民族は約2万4000人。同党は規約で入会資格を「目的に賛同する18歳以上の個人」とした。アイヌ民族以外でも参加できるようにして、幅広い支持者を得るためだ。

入党資格が「18歳以上の個人」であることについて、思った事をふたつばかり書く。

ひとつめ、政党はある価値観や権利を主張するものです。ですから「18歳以上」としたってことは、アイヌは18歳で成人してたんでしょうか。いえ、大した疑問でもないのですけれど。

ふたつめ、日本国籍を要求していないように読めますが、国籍というものをどう考えているのでしょうか。民主国家というものをどう考えているのでしょうか。

民主国家において国籍というものの価値は絶対です。だって、国籍の無い人間には参政権を認めていないんですよ。言い換えると、日本国は国籍のある人間の共有財産であるとも言えるし、日本国籍を持つ人間が共同で利権を追求しているとも言えます(おまけに民主国家は差別を行っているとも言えます。だって国籍は「生まれ」で決まる、つまり「生まれ」で政治的権利が決まっているんです)。どの民主国家も国籍のない人間に参政権を認めていないのは同じです。例外的に「地方参政権」を認めている場合はありますが、この場合は「半分の国民」と認めていると解釈できます。

その国籍を無視しているアイヌ民族党は、民主国家の枠組みを壊そうとしていると言うと言い過ぎでしょうが、はみ出そうとしているとは言えるのではないでしょうか(民主党も同様でしたが、変化しようとしているようです)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 最悪のケースに思うこと | トップページ | 自分達がしてきたことじゃん »

コメント

 結局、アイヌの定義すらはっきりしない状況を利用した反日・弱者利権だからですよ。本物のアイヌ系の人が実情を語っています。
        ↓
1/3【討論!】税金を食い潰す反日の人々[桜H23/12/17]
http://www.youtube.com/watch?v=FchBKM5nW4I
2/3【討論!】税金を食い潰す反日の人々[桜H23/12/17]
http://www.youtube.com/watch?v=z1XH0pO3Lk0
3/3【討論!】税金を食い潰す反日の人々[桜H23/12/17]
http://www.youtube.com/watch?v=wLpluRxLFkQ

投稿: | 2012年1月23日 (月) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53793862

この記事へのトラックバック一覧です: 民主国家の枠組みを無視するのでしょうか:

« 最悪のケースに思うこと | トップページ | 自分達がしてきたことじゃん »