« 歴史を作る? | トップページ | 起立の義務ありと認められました »

2012年1月24日 (火)

風評被害の責任は誰にあるのだろうか

風評被害の責任は誰にあるのだろうか

日刊スポーツ:風評被害で東電に3億4700万円請求
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120124-894224.html

千葉県の農業協同組合中央会(JA)などでつくる協議会は24日、東京電力福島第1原発事故の風評被害で野菜や肉牛の価格が下落したとして、新たに約3億4700万円の損害賠償を東電に請求すると発表した。7回目の請求で、31日に弁護士を通じて請求書を提出する。

原発事故の責任が(政府と)東電にあるのは間違いありません、風評被害が発生しているもの事実だろう。でも風評被害の責任まで東京電力にあるのだろうか。

  *        *        *

風評被害の責任は、東電と言うよりマスコミや有識者、あるいは日本の風土(穢れ思想)にあるのではないか。東電が賠償することに反対はしないが、責任や原因が東電にあると言われると同意はできない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 歴史を作る? | トップページ | 起立の義務ありと認められました »

コメント

こんにちは。

同意見です。
千葉JAが損害賠償を求める先は、東電ではなく、大手マスコミや危険危険と主張する学者であると思います。

投稿: えまのん | 2012年1月27日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/53818229

この記事へのトラックバック一覧です: 風評被害の責任は誰にあるのだろうか:

« 歴史を作る? | トップページ | 起立の義務ありと認められました »